当たり前のことをしっかりと


こんにちは!LMC2015福岡 西南学院大学の大谷彩栄です!
LMCの活動に加え就活で説明会に行ったり、選考を受けたりバイトをしたりの毎日です!
どんなに忙しくてもごはんはしっかり食べます♥笑
みなさんも健康管理には気をつけましょう!

 

目先のことだけでなく・・・

今回は自分が説明会などに参加してきて、思ったことや学んだことを書こうと思います。
先日参加した説明会で人事の方がこんなことをおっしゃっていました。
「みなさん、選考を受けようと思っている企業のトップの方の名前は、言えますか?」ということです。
例えば面接などで、御社が第一志望です!御社にぜひ入社したいです!と語る学生がいたとしても、会社のトップの方のお名前を聞くと答えられない人が多いそうです。
そういう人は本当にその企業に興味があるのかなと疑問に思ってしまうそうです。
トップの人の名前はもちろんのこと、その人の目指す方向性まできちんと把握して、面接に臨むと良いとのことでした。
それを聞いてドキッとしました。
選考を通過するという目先のことだけを見て本当にその企業のことを見ていなかったように思います。
またこのお話を聞いたときに働くってそういうことなのかなーと思いました。
組織のためにどれだけ動けるか、トップの人についていけるか。
フランクな言い方をすればそのトップの人とどれだけ気が合いそうかということかなとも思いました。

第一印象

もう一つ気づいたことがあります。 
それは第一印象の大切さです。
私は説明会の度に毎回人事の方を観察していました。
すると受付をするときなどただの作業でなくてしっかりと見られているなと感じました。
それほど第一印象は大切だと思います。
きちんと目を見て挨拶するだけでいい印象を持ってもらえますし、簡単なことですので意識していきたいと思います。
また私はよく会場に行く道が分からない時や空き時間など他の就活生の人と話したりするのですがあの短い時間でもこの人はこんな人かなということが分かってしまいます。
それほど、一瞬で人の印象は決まってしまうのだなと実感しました。

以上が最近の就活のなかで学んだことです。
企業の情報をしっかりと得た上で選考に臨むこと、挨拶や礼儀をしっかりとすること、当たり前のことですがどちらも改めて見直したいと思います!

t02200165_0640048012876756664