就活では自分を客観的に評価してくれる存在が大事!


みなさんこんにちは!LMC福岡2016筑紫女学園大学の河原茜です。
7月になりました!大学3年の前期もあと1か月で終わります。単位が迫ってきています…(笑)みなさん!単位は落とさないように、全力で取りにいきましょう!!

t02200293_0720096012992617544

先日、大好きな、我らがなみか様の誕生日でした(#^^#)なみかおめでとう♪♪素敵な女性になってください!

 

自分を説明する

みなさん、面接といえば、自分のことを相手に伝える自己PRを思い浮かべると思いますが、自分自身を説明できますか??いざ話すとなったら意外と難しいことがわかりますよね。

自信をもって自己PRするには、自分自身のことをよく理解した上で説明しなければなりません。作り話をして、いかに自分を好印象に見せようとしても面接官にはうそか本当かわかってしまうそうです。最近は、先輩のESを参考にエントリーシート(ES)を「盛る」学生さんが多いと聞きます。説得力のある自己PRを話すには、自分の体験談をもとに、性格と当てはめて話すことが1番だと思います!!そうです!!体験して自分自身を知らなければならないのです!盛っちゃダメですw

 

仲間の存在

LMCの魅力の1つとして、「仲間と楽しく就活できる」が挙げられます。ビジネススクールですので、就活塾や就活スクールとは少し違いますが、就活のサポートは凄く充実しています。
この、仲間とは、ただ一緒に楽しむだけの仲間ではなくて、自分の事を見てくれて、ここはいいとか、もっとこうした方がいいとなどとお互いに指摘しあえる仲間です。こういう存在がいるからこそ自分だけでは気付くことができなかったいいところも悪いところも発見することができ、改善することで自己の成長に繋がります。

また、私たちは、それぞれの部署で活動する機会があることや、実際に街頭にでて調査するフィールドワークをすることができ、普通の学生にはなかなか味わうことのできないような体験をしていると思います。そこでの成功談、失敗談、その失敗をどう乗り越えたかなどの事を話し、自分の性格と重ねることによって、面接官はこの人は自分自身のことがよくわかっているなと判断してくださり、内定に1歩近づくのだそうです。

私が就活本番の時に、自信をもって自己PRをするために今すべきことは、とりあえずなんでもしてみること、やりっぱなしではなく、きちんとフィードバックをして次に生かすこと、そして常にオープンマインドであること、であるなと考えました。
きちんと実行していきたいです!