論理的に考える力とLMCの魅力


はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。就活の準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾をお探しの方など、LMC入会をご検討中の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

  はじめまして。東京大学大学院経済学研究科、修士課程1年の尚希です。

今回は読者の方が少しでもLMCのイメージを持っていただくために、LMCに入ったきっかけや、普段の活動等について私の視点から説明できればと思っています。

 岩井君 画像

LMCに入ったきっかけ

就職活動は、当然ですが受験勉強や資格対策とは異なり、何か特定の知識を身につければパスできるようなものではありません。

最終的に内定を勝ちとるためには、もちろんWebテストなどの勉強も不可欠ですが、面接では自分の考えを自分の言葉で語り、相手に理解してもらうことが大切になってきます。そのときに必要になってくる力が論理的に話す力です。

LMCでは論理的に考える力を身につけ、相手に伝えられるようになることを目標としています。そういった力をLMCで身につけたいと考えて入会しました。

また、自分が話していることが相手に伝わっているのか、ということは自分独りでは、主観が入ってしまうため、なかなか判断するのが難しいものです。

LMCでは小塚さんや現役のコンサルタントといったプロの方々から自分の志望動機や自己PRに対するフィードバックをもらうことができる場が用意されていて、とても魅力的でした。 

LMCに入ってみて

 LMCでは毎週勉強会があり、自己分析やGD(グループディスカッション)を初めとした多彩な論理的思考力を磨くためのワークを行っています。

例えば、GDでは「お茶の売上げを2倍にするにはどうしたらいいか?」などといったテーマに対してグループ内で時間内に話し合って、結論を出し、メンバーの前で発表する、といったワークを行います。

最初は自分が思いついたことの羅列になってしまい、全く一貫性がないものになってしまいました。その後、小塚さんやアドバイザーの方からロジックツリーの作り方や、考え方の切り口を学び、普段のワークで実践していくことで、今では一定の結論を出せるようになってきました。

LMCで学んだことを練習し、繰り返していけば誰でも論理的な思考力が身につきます。

また、LMCの縦と横のつながりがとても強いことに驚きました。既に社会で活躍されている先輩方がLMCに足を運ばれ、会社での働き方を話して下さったり、相談にものって下さる場があります。そういった場があることで、就活へのモチベーションが高まっているのも良いところですね。

今後の目標

LMCでは、メンバーが主体になって開催している就活イベントがあるのですが、自分はそこで営業管理という仕事をしています。まずは、そこで結果を出したいです。

そしてLMCを共に社会を牽引していくリーダーが数多く生まれるホットスポットにしていきたいと思います。

素晴らしいアドバイザーの方々、先輩、同期と一緒にLMCで頑張ります!