LMCで学んだことが就活のすべての土台に!


はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。就活の準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾をお探しの方など、LMC入会をご検討中の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

はじめまして!LMC 東京17卒、お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科M1の裕子です。 

人間文化創成科学研究科ってなんぞや!?という感じだと思いますが、学校では食品系の研究をしている理系の大学院生です。

せっかくなので理系の院生という目線でも少しお話できたらな、と思います。 

かごめ先輩 画像

入会しようと思った理由

私がLMCに入会しようと思った理由として、主に2つあります。 

まず1つ目は、自分と違うタイプの人達がたくさんいるということです。
そして2つ目は、LMCでは学校で学べないスキルを身につけることができる、ということです。 

理系の院生となると、どうしても研究室に籠ることが多くなります。
そうするといつも関わる人は限られてしまい、その結果、自分の考えも偏ったものになってしまうのではないのかと思い、もっと色々なタイプの人と関わりたいな、と思っていました。そんなときに色々なタイプの人がいるLMCの勉強会に参加し、ここにいたら世界観が広がるかも!いっちょやってみるか!と思いました。 

そしてもう1つは、学校では学べないスキルを身につけられるということです。

LMCの勉強会では主に、論理的思考力、人に自分の意見を正しく伝えるための日本語力を鍛えることをしています。
この2つは社会に出たら必要とされることですが、学校で教わる機会は中々ありません。
私はこのうち、論理的思考力に関しては「自分は理系だから大丈夫でしょ!」と何故か思っていました。
しかし、勉強会で実際にやってみると、びっくりするほどできませんでした。とても悔しかったので、ここで鍛えるしかないなと思いました。 

LMCに入ってからの変化

LMCに入ってからの私の一番の変化は、なんでも「考えて実行すること」が多くなったことです。

これはLMCでの活動だけでなく、アルバイト中や学校生活にも当てはまります。
たとえば、普段LMCで鍛えている論理的思考力を使って、アルバイト先のお店の売上を伸ばす方法を考え実際に取り組んでみたり、学校での研究報告のときには、ちゃんと全員に伝わる日本語力を使えているかどうか意識をしながら発表するようになりました。

その結果、アルバイト先の会社の社長からは個別に感謝の言葉をかけて頂いたり、研究室の先生にも褒めて頂けたりと、良いことばかりが起きました!

こういうことが起きると、少しずつ自分の自信にもつながりますね。 

今後の目標

私の今後の目標は「組織で活躍できる人材になること」です。

私はなんでも自分の意見を強く言ってしまう傾向があり、それだと今後、会社・組織として活動する上でマイナスになってしまいます。

そういった自分の弱点を克服するためにも、組織で活動することが求められるLMCのインターンを通してたくさん経験をし、自分に足りない「組織力」を鍛えていきたいな、と思っています。