LMCに入会してから就活の日々の充足感が増した!


はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。就活の準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾をお探しの方など、LMC入会をご検討中の学生さんの参考になれば幸いです。

 自己紹介 

立教大学経済学部経済学科3年生の登(のぼる)です。
名字なのですが珍しいのでみんなから登と呼ばれています。 

LMCに入会したのは8月の上旬でした。
まだ入会して3か月ほどしか経ってないのに人として成長したというか、日々の充足感がとても増しています! 

S__32809011

LMCとの出会い 

15年の3月からWebサイトの制作をするベンチャー企業で長期インターンを続けています。
働く現場というものを日々身近に感じ、キャリアの第一歩目である就活は肝心だと思い就活は失敗したくないという意識が芽生えていました。

しかし自分には周りと比べて何かずば抜けてすごいことを達成したエピソードがないためESや面接で何をストロングポイントにしていけばよいのか分からず「このまま就活を始めて平気なのか。。?」という焦りを感じていました。 

そんなときに大学の友達である壮(もりお)君がLMCのイベントを紹介してくれました。 

入会の決め手 

言われるがまま参加したイベントで小塚さんが次のように言っていました。 

「面接官は君たちのやってきたエピソードそのものにはそれほど興味ない。知りたいのはその人がどういう人柄なのか、どういう価値観を持っているのか、目標達成の為にどのような想いで頑張ってきたのか、という目線でエピソードを聞いているんだ。」 

そして次のように続けました。 

「でも、これを伝える正しい日本語や論理的思考力って鍛えないとなかなか難しい。LMCはそれを鍛える場にもなっている。」と。 

何か自慢できるようなエピソードを作らなきゃと思っていた自分には響く言葉でした。
小塚さんの考え方には深く共感し、また就活に対して面倒くさいというマイナスなイメージを持っていましたがイキイキと楽しんで就活ができるのではないかと考え入会しました。 

 

2か月後の今とこれからの目標 

2か月が経ち日々の生活にも充足感が得られてきました。
LMCに入会して活動するようになってからLMCの活動のみならず、バイトや大学生活でもPDCA(Plan・Do・Check・Action)を意識して行動するようになりました。 

まだまだ甘いと思っていますがPDCAを常に意識し「クセ」にすることが目標です。
社会に出て必要な力であることは間違いないですし、何より日常生活が変化してその効果をまじまじと感じているからです。 

物事を後回しにする性格が直り、失敗の原因と向き合って改善する力が着々と付いているのを実感しています。
たったこれだけでも日々の生活の達成感・充足感が大きく変わりました。
これをLMCで鍛え、継続してゆくゆくは社会で活躍できる人材になりたいです。