LMCで価値観を磨いて就活したい!


はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。就活の準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾をお探しの方など、LMC入会をご検討中の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介 

こんにちは!LMC東京17卒、早稲田大学文学部の悠海子(ゆみこ)です! 

大学では主専攻として映画学、副専攻としてドイツ語を学んでいます。 

LMCに入会し、ちょうど2カ月が経ちました。今の想いを綴りたいと思います。

LMCブログ写真_武田悠海子

入会のきっかけ 

夏の留学から帰国し、「就職活動どうしようかな…。」と漠然と不安になっていたところを、高校の部活で一緒だった先輩にお誘いいただき、LMCに入会しました。 

私がLMCに入会しようと思った理由は、自分の価値観を磨きたかったためです。 

「就職活動では、留学経験があると有利」ということや「サークルの幹部が内定をもらいやすい」といったことを聞いたことがあると思います。

私も、「就職活動に不安があるとは言っても、ドイツ語が出来るし、留学もして色々経験したし…。」と考えていた時期もありました。

しかし小塚さんから、「人事が見ているのは学生時代に”やったこと”では無く、その人特有の”価値観”を”論理的に分かりやすく”伝えられるかということだ」という事を聞き、「私はそんなしっかりした価値観が全然ない!」と、焦りを感じて入会しました。 

入会して変わったこと 

周りのメンバーは、「即レス、報連相、とりあえずやる」に関して常に意識を高く持っています。私もそれに引っ張られ、また或いはそれに刺激を受けて生じる「もっと成長しなくちゃ!!!」という焦りに突き動かされ、日々生活しています。 

仕事では相変わらず失敗を沢山して迷惑をかけてばかりいますが、仲間に沢山助けられ、人と協力しながら仕事をしていく事に大きな喜びを見出しています。 

また日常生活の面では、ドイツ語の運用能力が格段に上がりました。ドイツ語は、日本語以上に論理的に話す事が求められる言語です。

LMCで論理的に日本語を話す力を鍛えることで、以前はとても苦手だったドイツ語でのディスカッションの授業でもリードしていけるようになりました。それがとても嬉しいです。 

これからの目標 

LMCの活動は普段の生活にも活かせるものです。「即レス、報連相、とりあえずやる」をさらに徹底し、常に考え抜いて行動していき、もっと自分の価値観を磨いていきたいと思います。