【17×18卒福大:インタビュー 第二弾】”受け身”だった自分から、”能動的”に動ける自分に


はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。

就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾をお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

対談6

福岡大学人文学部文化学科18卒の折田陽子さん(右側)
今回は彼女の紹介者である17卒の福岡大学理学部物理科学科4年の柳悠吉さん(左側)も交えて座談会を行いました。

入会のきっかけ

――まずおふたりの関係について聞いてもよろしいですか?

栁:大学のサークルの後輩です。
折田:はい。お世話になってる先輩です。

――どんなサークルですか?

折田:ボランティアサークルです。

――人数多めですか?

栁:多いですね。

――なぜ大勢の中から折田さんをLMCに誘ったんですか?

栁:サークルのときから協調性があって、LMCっていう組織の中で動くときそれを発揮してくれそうだなって。真面目な活動に対しても率先して動いてくれそうだし、自分も、この子が入ってくれたら嬉しいなって思う後輩だったから。

――サークルのときも組織の中で協調性のある方だったんですね。

栁:うん、前に出るってタイプではなかったけど、どこかしらにいつもいるっていうか。活動以外でも飲みの場とか先輩の場にも顔出してて、どこにでも馴染めるイメージがあったね。特定の人とだけでかたまるって、女の子あるあるじゃないですか(笑)それがなかった。誰とでもやっていけるタイプだと思ったので、LMCでも馴染めるんじゃないかなって。

――なるほど。では、折田さんは栁さんに誘われてイベントに来てみてどうでしたか?

折田:初めて来たときは、思ってたよりラフな印象でした。もっと真面目なところかなって思ってたけど、先輩たちすっごく面白くて同い年もフレンドリーでした。でも、ここにいる人って本気の関係なんだなっていうのもすぐに感じましたね。お互い遠慮がないっていうか、なんでも言い合える関係だって先輩たちが言ってて、それがすごくいいなって思いました。

――それで入会しようって決意した決め手は何だったんですか?

折田:それまでの大学生活は、それなりに充実はしてたけど、毎日授業行ってバイトして遊んでっていうごく普通の生活ですよね。高校生の時の方が勉強も部活も本気でやってて、そのときから成長したと思える部分が一つもなくて、、、このままわたし社会人になれるのかな?ってすごく不安に思ってたんです。社会人として大事なこととかマナーとかなにも知らないし、働くこととか全然分からないですし。就活に対する不安はあったけど、それよりも社会人になることへの不安のほうが大きかったです。LMCはすべてのことに本気で取り組むから、就活も、内定した後も、就職した後も見てて、そこに惹かれましたね。あと、いつ入っても入会金変わらないし、社会に出るまでの準備期間は長いほうがいいなって思ってすぐ入会しました。

入会後の変化

対談8

――その後折田さんがメンバーとして活動を始めていったわけですが、栁さんから見て折田さんの変化とか感じますか?

栁:そうだな、最初のうちはそれまでと変わらず、そつなくこなす感じだった気がする。これをしてって言われたらきちんとするし、しなきゃいけないことはやるって感じ。悪くいうと、ただ作業をやってただけで、与えられたことだけをやってたよね。でも、なにがきっかけかは分からないけど、分から発言したり何かを発信したり自分で動かそうとするようになったかなって。それまでのおりんではそんなこと絶対なかったよね。
折田:なかったですね、、、
栁:そこが一番変わったかなとは思う。

――折田さんもその変化に気づいてるとは思いますが、なぜ変われたかって分かりますか?

折田:なんですかね、、、それまではやるべきことをやればいいんだと思ってたんですけど、そうじゃなくて、どうしたらいいのか自分で考える、そしてそれを発信するってことが大事なんだって気づいたんですよね。その理由ってやっぱり環境かなって思います。成長したいって思う人たちが集まって、自分からどうにかしようとする人たちばかりで、意欲的に動くことが評価される環境があって、頑張ることを馬鹿にされないんですよね。入会して何ヶ月か経って、完全受け身だった自分から、能動的に動ける自分に少しは変われたかなと思います。
栁:(笑)(笑)
折田:笑わないでください(笑)そこがLMCに入会して変わりたかった部分だったので、いま言われて嬉しかったです。LMCのひとつひとつの活動に取り組むだけで自然と自主性とか当事者意識とかが身についたと感じています。

――人が変わるにはまず環境、って言いますしね。では、折田さんから見て、LMCでの栁さんってどういう風にうつってましたか?

折田:栁さんは本当に後輩想いで、わたしだけじゃなくてほかの18卒にもほんとによくしてくださって。自分のことのように私たちの成長について考えてくださってるなってすごく感じます。

――栁さんは後輩を大事にしたいって思いが強いのですか?

栁:うーん、別に意識してやってるわけじゃなくてしたいからしてるだけ。自然とやってることですね。
折田:こういうことを普通に言う先輩が何人もいるっていうことがLMCのすごいところだと思います。本当に。

お互いへメッセージ

――では、就活を目前にした折田さんへ、栁さんから伝えたいことありますか?

栁:さっき、入会してから変わったって話したけど、その反面無理してるところもあるのかなって。変わろうって意識することは大事だけど、焦らずにマイペースで頑張ってほしい。自分らしさ大事にしてほしいかな。
折田:わたしらしく、ですね。
栁:そういうことです。

――折田さんから栁さんへメッセージをお願いします。

折田:これから社会人なって大変なことばかりだと思いますけど、、また飲みに行きましょう!(笑)

――それではこれでインタビューを終わります。ありがとうございました。

栁:ありがとうございました!
折田:ありがとうございました!
対談7
追いコンでのおめかしをした二人。
柳さんのように、後輩思いな先輩目指してがんばれおりんちゃん!