【17×18卒福岡大の先輩後輩インタビュー】信頼できる先輩に支えてもらいながら、どんな自分になりたいかを考えました。


はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。

就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

対談10

福岡大学経済学部産業経済学科18卒の橋川裕士さん(左)

福岡大学工学部建築学科18卒の村谷亮太さん(右)

今回は彼らの紹介者である福岡大学経済学部経済学科17卒の岡嶋竜聖さん(中央)も加えて座談会を行いました。

自己紹

――それでは自己紹介をお願いします。

岡嶋:LMC生では遅めの11月後半位に入った岡嶋です。内定先は東急リバブルっていう、売買仲介っていう「家を売るおんな」っていうドラマの中で北川景子がしている仕事と同じことします。

――それではまず村谷さんとの関係性を教えてください。

岡嶋:村」って呼んでます!(笑)中学までは全然違う校区だったんだけど高校から同じになって、1個下やけど。サッカー部で同じでポジションもフォワードで一緒で、その時からいいやつで礼儀もよくて、仲良くなりました。

――どこで良いやつだ!って気づいたんですか?

岡嶋:こいつうまいんだよね~(人との付き合い方が)(笑)

村谷:上手くないです(笑)

岡嶋:言葉遣いとか、いい感じに礼儀正しくて距離を保ってくれる(笑)

――まじめな方だったんですね(笑)

村谷:まじめでした(笑)

――では次に橋川君との関係性をお願いします。

橋川:大学から入った弦楽器のサークルで、マンドリンクラブってあるんですけど、そこのサークルが同じで家も近くてよく呑んだりしてました。

岡嶋:まぁ近所やったね。

橋川:結構先輩の中でも面倒みてもらっているうちの1人でした。

入会のきっかけ

対談12

――それでは次に2人をどうしてLMCに誘ったのかをお願いします。

岡嶋:高校の飲み会で村と飲んだ時に、こいつ体育会系だからマナーとか礼儀とか分かってるし、社会で活躍したいって人が集まるLMCにあってるな、と思って誘いました。

――すごい信頼されてるんですね

岡嶋:そう、根性あって続けられそうだし、LMCって体育会系の人多くて、あってそうだな、って思って。

村谷:LMCにぴったりってことですか(笑)

岡嶋:はい(笑)

村谷:ありがとうございます(笑)

――橋川さんはなぜ誘ったのですか?

岡嶋:はっしー(橋川君)もそのマンドリン、弦楽器の部活でちょっと文科系の部活ってことで体育会系のLMCに合ってるかな?って思ってたけども、まぁ休部しててそういう雰囲気があまり好きじゃないって暇を持て余してたから、こいつだって思って。

橋川:あんま具体的じゃないですね(笑)

――何かが見えたんですね(笑)橋川さんも長く頑張れると思ったからですか?

岡嶋:楽しいこともあれば、時には大変なこともあるからね。

ちゃんとフォローしてあげたらって感じかな~。ゆうじはその場で盛り上がれたらその場にい続けるんだけど…。(笑)

――自分の居場所を見つけたらその場にい続けるってことですか?

岡嶋:初っ端失敗したら、ちょっと危ういと思った。

――では、フォローを大切にされたんですか?

岡嶋:いや、そんなにしてない(笑)軽くしたけど(笑)

橋川:そんなことないですよ!結構面倒見てもらいましたね、最初のころはやっぱり色々初めてなので苦しい時期とかあって、すぐ竜聖さん家に逃げ込んでました(笑)

――ではそんな風に続けていけるって思った村谷さんと居場所を提供してもらった橋川さんがLMCに入会した決め手はなんでしたか?

村谷:自分はイベントに参加した時に岡嶋さんと他のイベント参加者と一緒でGDをしたんですけどお題が「マックの売り上げを上げるには?」で。その時に竜聖さんがめっちゃ出来る人みたいに感じて。オフィスに入るときはめっちゃいじられてたんですけど(笑)でも、そのあとにリクルートの座談会に急遽先輩方が行くことになって、あぁLMCの先輩達すごいんだなって。

色々悩んでたので入りたいなとまではその時はならなかったけんですけど、もう1回イベントに行く前までにはもう入りたい、考えてました。

――自分もそうなりたいと思ったからですか?

村谷:環境の高さに、レベルの高さに惹かれました。

――橋川さんはどうですか?

橋川:イベント行って、LMCのやってることビジョンに共感しました。

――どういう部分ですか?

橋川:みんなで頑張るとか、社会で活躍する人材になろうとか、そこへの共感と、竜聖さんはマンドリンは結構バイトとかでサボるんですけど、勉強面においては単位もちゃんと取ってるし資格とかも率先してしていたんで、勉強とか将来面においてはものすごく信頼していたので、竜聖さんが紹介するなら間違いないと思って入りました(笑)

岡嶋:そんな上げんでいいよ(笑)

――それを聞いて岡嶋さんは何かありますか?

岡嶋:結構意外やったなぁ、面白そうとかで入ったと思ってた。俺も面白そうな部分を伝えていたから、レベルの高さに惹かれたって、そうなんや~。(笑)

村谷:いや、楽しそうな部分にも、もちろん惹かれましたよ。

――イベントに行って、もっとまじめなとこ見て、といった感じですか?

村谷:そうです。ご飯食べに連れてってもらいました。

岡嶋:めっちゃ量多かったよね(笑)

村谷:はい(笑)そこからオフィスに連れってもらって、まじでガチガチかと思ったら、アットホームな感じで、ギャップはあったけどしっかりしてる面もありました。その2つですね。

入会後の変化

対談11

――現在岡嶋さんから見て、橋川さんと村谷さんのLMCでの活動、様子っていうのはどのように映ってますか?

岡嶋:入った当初から村は任される仕事とかもあって、社長から役に立つやつだって言われて…

村谷:ありがとうございます(笑)

岡嶋:でもそういう純情なとこがそうだからで、ゆうじはマンドリンの中で盛り上げ役だったからLMCの中でも盛り上げ役できるかなって思ってたけど、まぁ楽しんでるから(笑)

橋川:俺あんまり褒められてないよね…(笑)

岡嶋:褒めてる褒めてる(笑)

村谷:ゆうじは成績とか出してるけど一番前には出ないっていう(笑)

――あまり自己主張しないタイプなんですか?

橋川:俺は影の支配者。

村谷:一番まじめだったのはゆうじですね。

橋川:影の支配者、表には出ない。

岡嶋:意外やわぁ~。

橋川:表でガツガツやる人が多くて空いて無かったんですよね。部活は表に出る人がいなかったんです。

岡嶋:周りを見てるね。

橋川:だから、ここではガツガツやる人しかいないからそこの間にいきました。

――逆にLMC入って岡嶋さんはどんな風に映っていますか?

村谷:自分は部活の時と変わらずいじられキャラ、愛されキャラだけどおねぇって言われているのには衝撃的でした(笑)

――おねぇの疑いがあったってことですね(笑)橋川さんはどうですか?

橋川:部活の姿しか見てなかったので、部活ではサボリ魔だったんですけど、ここでその分頑張っていたことを知りました。真のすごい部分がたくさん見えました。

――例えばどんなところがありますか?

橋川:やっぱりしっかり将来の事を考えてるし、自分の面倒も見てくれたんで将来のことは竜聖さんに相談できます。そこがいいところです。

先輩から2人へメッセージ

――では最後に、今まで活動してきて、就活を終えた岡嶋さんから2人へのアドバイスを熱くお願いします!

同:熱く!?!?(笑)

岡嶋:やっぱり就活ってそんなにポンポン受かるものでもないし、受かる人もいるけどね。就活だけじゃなくてその先の将来のこと考えたりしても途中であれ、これ自分に向いてるのかなって軸がぶれてしまうときもある。でもそういう時に相談できる場所がここだから、ちゃんと頼っていくべきかなと思う。なんか自分らしさが分からなくなるけど今まで自分が培ってきたものが自分だからちゃんと過去を、どんな自分になりたいかを考えていくといいよ!

橋川:ありがとうございます!

村谷:ありがとうございます!

――熱いですね~。ではそれではこれでインタビューを終わります。ありがとうございました。

同:ありがとうございました!

対談9

 今まで先輩に支えてもらった分、今度は俺たちが支えます!なこちらの写真(笑)

これからもお互いに支えあいながら頑張ってください!