【19卒福岡大:自己紹介】”信頼できる先輩”に誘われてLMCに入会して”本気で話し合える仲間”に出会えました!


はじ

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。

就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです

自己紹介

20170624_082915179_iOS

福岡大学商学部商学科19卒の管谷達哉さん(右)

2つの野球サークルとLMCの活動を頑張っています。

今回は彼の紹介者である18卒の福岡大学商学部商学科長田巧さん(左)も交えて座談会を行いました。

入会のきっかけ

20170627_053133000_iOS

――では次にお二人の関係を教えてください。

長田:同じゼミの先輩と後輩です。親しくなったきっかけは、ゼミの運動会です。

管谷:自分はその時、髪の色が特に明るい時期で、巧さんは自分を「金髪金髪~!」って可愛がってくれて…(笑)

長田:そうだったね!すぐに仲良くなったよね!

――管谷さんから見た長田さんはどのような存在ですか?

長田:あ、恥ずかしいな~(笑)

管谷:初めて会った時から楽しそうな先輩だなと思ってましたし、後輩の面倒見も良くて、これからもずっと関わっていきたい存在です。

――長田さんは、なぜ管谷さんをLMCに誘ったんですか?

長田:純粋に一緒に頑張りたいなと思ったからっていうのが1番大きな理由です。

大学で知り合った後輩はたくさんいるんですが、その中でも達哉は1番しっかりしてて、ゼミ長として皆を引っ張っていってるのを見て、見た目のチャラさとはギャップがあってさらに良いなと思いました。

――LMCのことはどのように知ったんですか?

管谷:もともと、LMC杯っていう野球の大会を知っていたので名前だけは聞いたことがありました。巧さんに声をかけてもらった後に自分でHPを検索してみて、ビジネススクールである事を知りました。そして、巧さんとランチに行った時に気になっていた事を詳しく質問したんです。

そこで、LMCの社会で活躍する人材になるというビジョンや本音で話せる仲間がいるということを知って、どんどん興味が湧いてきました。

――実際LMCのイベントに来てみてどうでしたか?

管谷:率直に熱い先輩が多いなと感じました。イベントの時、17卒の先輩とお話したんですけど2つ年が違うだけで考え方が全然違ってビックリしました。

あと、イベントの時に初めてグループディスカッションをしたんですけど、話し合う時はたくさんの意見が飛び交っていて、賑やかな雰囲気だったんですけど、発表する時になったらシン…としていてオンとオフがハッキリしてていいな、と感じました。

――LMCに入会しようと思った決め手は何だったんですか?

管谷:やっぱり巧さんが、誘ってくれたっていう事ですね。初めはどんな所だろう、何をやってるんだろうっていう事が特に気になったんですけど…。

最後は、巧さんがなんで自分に声をかけてくれたんだろうって考えました。巧さんは絶対に嘘は付かないなって思ってましたし、本当にいい先輩で信頼している先輩だったので、最後はそこが決め手でした。

――自分が信頼する先輩だから、間違いないだろう、ということですね。

管谷:はい。そうですね。

長田:すごく嬉しいですね。

――実際にLMCで活動している管谷さんを見てどう思いましたか?

長田:予想通りでしたね。ゼミのメンバーに対して1人1人大切にしながら頑張っているのを見ていて、LMCでもいろんな人から達哉は頑張ってるよっていう声をよく聞くので、すごく嬉しいです。

入会後の変化

20170625_051337397_iOS

――入会後の変化を教えてください。

管谷:本気で話し合える友達ができました。今、悩んだ時に1番に相談したいって思う友達がLMCで出会った皆です。今までの大学生活では、あまり刺激がない生活を送ってて…。

そして、LMCっていう頑張っている人を馬鹿にしない環境に飛び込んだことで、大切な仲間が出来て、自分自身の考えたことを恥ずかしがらずに相手に伝えられるようになりました。

今後の目標

――では、これからの目標を教えてください。

管谷:がつがつ頑張っているメンバーのフォローと、新しく入会したメンバーのフォロー、どっちもできるような人になりたいです。

あと、後悔は絶対しないように自分ができることは全力でやること、そして、出来ることなのに力を抜くことはしないようにしようと思っています。

――では、その目標を達成するために、身につけたい力はありますか?

管谷:周りを見る力と、ストレス耐性ですね。結構自分は短気な所があるので、いろんなメンバーと話していろんな価値観を受け入れることで寛容さや協調性を身につけていきたいと思います。

――長田さんは管谷さんにどんな人になってほしいですか?

長田:やっぱり皆が憧れるリーダーになって欲しいです。とゆうか、達哉なら絶対なれます!

自分は3年生の9月末に入会して、入会時期の早いメンバーにたくさんサポートしてもらいました。そういう点で、達哉はこれからはサポートをしていく立場になると思うから後々に入った人をフォローできるように活動してくれたらいいな、と思っています。

管谷:自分が入会した時に「これから達哉がフォローしていく立場になるんだよ」って巧さんに言われたのを今でも覚えてます。それを胸に活動しています。

長田:覚えててくれてすごく嬉しいです。俺ができることは何でもするから、頑張ってね。

お互いへのメッセージ

――これから就活が始まる管谷さんにアドバイスお願いします。

長田:LMCには仲間と切磋琢磨して頑張れる環境があるので、そこを活かして頑張って欲しいです。さっき、身につけたいと言っていた協調性を忘れずに頑張ってください。

――ではこれから社会人になる長田さんへのメッセージを教えてください。

管谷:今まで通り、素直でまっすぐな巧さんでいてほしいです!

小塚さん(社長)もよく、素直さが大切ということをおっしゃっていて、巧さんの良さはそこだと思います。だからこそ、社会に出てからも素直さを大切にして、みんなから愛される社会人としてこれからも頑張ってください!

――ありがとうございます。これでインタビューを終わります。

長田管谷:ありがとうございました!

20170627_053127000_iOS

おしゃれなカフェでの1枚。インタビュー中も仲良く、楽しそうに答えてくれました。

長田さんのように誰からも好かれるような素敵な先輩目指して頑張ってください!