【19卒福岡大:自己紹介】LMCメンバーの姿に刺激を受け、何事にも目的をもって考えながら行動できるようになりました!


はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。

就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

インタビュー_170702_0004

福岡大学経済学部経済学科19卒の矢野兼一朗さん(右)
野球サークルとLMCの活動を頑張っています。

今回は彼の紹介者である18卒の福岡大学法律学部法律学科大田哲弘さん(左)も交えて座談会を行いました。

 

入会のきっかけ

――2人はどうやって知り合ったんですか??

大田:一緒にボウリングをして遊んだのが知り合ったきっかけです。矢野くんが僕の共通の友達から誘われて来たんです。
でも、よく話してみると実は小学校から地元が一緒で、学校は違ってたんですけど野球ではずっとライバルチーム同士に所属してて、戦ったことも多分あると思います。

 

――共通点の多い2人ですね(笑)

どうして矢野君をLMCに誘おうと思ったのですか?

大田:一般就職を希望していたのと、今まで大学で頑張ってこれなかったという話を聞いて、矢野君は素直なので切磋琢磨できる環境があれば頑張れるんじゃないかと思ってイベントに誘いました。

――なるほど。矢野君は誘われたときはどんな印象でしたか?

矢野:最初にLMCの話を聞いたのは、電車でたまたま会った時でした。大田さんがLMCのオフィスに行く途中で、そこで話を聞いたんですけど、BBQとか浴衣パーティーとかいろんなイベントがあって楽しそうだなって思いました。
それからしばらくして、イベントに誘っていただいて、あまり詳しくLMCのことは知らなかったのですが、行ってみることにしました(笑)

――イベントに来てみてどうでしたか?

矢野:単純に楽しそうだなって思いました。(笑)
あと、イベントに来る前は将来のことについてまったく考えていなかったんですけど、イベントに来てみて、同じ年のメンバーとのレベル感の違い感じて焦りました。そして、今までの自分を変えるいいきっかけだなと思い、入会を決めました。

入会後の変化

S__12263460――もう入会して数か月経つと思いますが、大田さんから見て矢野君が成長したなって思うところはありますか?

大田:LMCに入る前は就職活動のことも何も考えてなくて、イベントに来た時も質問とか用意してくるわけでもなくただ何も考えずに来るって感じだったんですけど、LMCで活動していくうちに目的をもって、活動の意味を考えながら動くようになったと思います。そこが一番成長したと感じるところです。

――矢野君自身はLMCで活動してきてどういうところが成長したと思いますか?

矢野:大田さんが言われたようにLMC入る前は何をする時も何も考えてなかったんですけど、LMCで活動していくうちに、視野を広げていろんなことを考えることができるようになりました。

――どうして考えるようになったのですか?

矢野:前までは野球をして、バイトをしてっていう単調な生活をしていたんですけど、LMCに入ってほかのメンバーを見てみると、みんな考えながらLMCの活動を頑張っていました。そこに刺激を受けて自分も常に考えないといけないなって自然と思うようになりました。

今後の目標

――では、矢野君はLMCにおいて今後の目標はありますか?

矢野:自分は人見知りな性格ということもあり、前に出ることが苦手なのですが、就活においても社会に出てからも、前のめりな姿勢はとても大切だと思うので、イベントや部署活動などを通してそういった部分を磨いていきたいと思います。

――大田さんは矢野君にどういう風に成長してほしいですか?

大田:自分が見る限りでは矢野君は組織の中で一歩引いて活動していると思うので、今自分でも言った通り、前のめりに自分から発信して、組織の中でも中心に立つような存在になってほしいと思います。
そして、それをサークルだったりバイトだったり就活だったり、これから社会人になってからも生かしてほしいと思います。

――では、最後にお互いにメッセージをお願いします。

大田:LMCの活動を通して、自分自身とたくさん向き合ってください!頑張っていれば、必ず壁にぶつかると思いますが、その中で、自分の短所を治す努力をしたり、長所を伸ばせるように頑張ってください!

矢野:社会人になって東京に行かれるということで、東京に行っても頑張ってほしいと思います。(笑)
残りの大学生活を楽しんでください。(笑)

――ではインタビューは以上にさせて頂きます。ありがとうございました。

同:ありがとうございました。