【19卒福岡大:自己紹介】今までの大学生活に物足りなさを感じ入会し、失敗を恐れずにとりあえずやるという考え方を意識して生活するようになりました。


はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。

就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

福岡でも新メンバーが増えつつあり、今回は福岡19卒のメンバーを紹介していきます。

自己紹介

IMG_3427

福岡大学工学部建築学科19卒の古井田篤史さん(左)

学校の実験とレポートに追われる毎日の中LMCの活動も頑張っています!

今回は彼の紹介者である18卒の福岡大学商学部貿易学科上釜光揮さん(左)も交えて座談会を行いました。

入会のきっかけ

――まずお二人のご関係を聞いてもいいですか? 

上釜:はい。中学校の時の部活の先輩後輩に当ります。

――部活は何をされてたんですか?

上釜:男子テニス部です。

――その頃のお互いの印象はどうでしたか?

上釜:篤史は、何事にも頑張り屋で、不器用で真面目というイメージがありますね。
古井田:上釜先輩は、自分の中でかっこいい先輩です。

上釜先輩の試合を見て学ぶこともたくさんあり、今まで色んなことを教えてくださった先輩です。

――古井田くんにとって上釜さんは偉大な先輩だったんですね。

古井田:はい。そうです!

――上釜さんはなぜ古井田くんをLMCに声かけたのですか?

上釜:そうだね〜。

電車とかでたまたま会って話す機会が多かったんですけど、篤史は将来についてすごく真剣に考えていました。

中学時代の部活を思い返してみても、篤史は真面目で頑張り屋さんだったので、LMCでも頑張って行けると思いました。

そこで、LMCのことを話したところ、すごく好印象を持ってくれましたのでイベントに誘いました。

――では、古井田くんは、イベントに参加してみて、LMCにどういう印象を抱きましたか?

古井田:質問したら快く受け答えしてくださる先輩ばかりで、良い先輩方が沢山いるところだという印象でした。そんな先輩方とお話をして、吸収できる環境であることがLMCの魅力だと感じました。

また、LMCは九州一のホットスポットを目指していて、そのために全員がしっかり考えて行動する環境であることに惹かれました。

大学では中学や高校よりも授業が緩い気がしていて、なにか物足りなさを感じていたので、ここで頑張りたいと思いました。

――そこはLMCの魅力の一つですね。それまでは相談する環境や本気で語れる関係というのはなかったのですか?

古井田:そうですね。

私は大学でサークルに入っていないので、LMC入会する以前はそのような充実した環境はありませんでした。

ですので、LMCで色々なことを本気で向き合ってくれる仲間と、尊敬できる先輩方とお話できるのはとても楽しいです。

――では、改めて入会の決め手を教えてください。

古井田:入会の決め手は、先ほど言った、ホットスポットを作るために仲間と本気で頑張れる環境だということです。

また、そんな風に真剣に勉強会や運営に取り組んでいる様子だけでなく、座談会の際には、メンバーが撮った動画や写真で見せていただいて、楽しそうな部分も十分に感じることができたので入会を決めました。

――頑張る時は本気で頑張る、遊ぶ時は本気で遊ぶというメリハリがあるところに惹かれたんですね。

古井田:はい。

遊ぶ時と頑張る時のどちらにも全力で取り組むという姿勢はとても大切だと共感しました。

IMG_3423

入会後の変化

――実際にLMCに入ってみて、どう思いましたか?

古井田:何事にも積極的に取り組むことが出来る同期がいるから、私も頑張ろうと気合いが入りました。

LMCにいれば勝手に成長するわけではなく、入会してからの自分の頑張りが重要で、それ次第で成長幅は変わるので、常に向上心を持って頑張らなくてはいけないと思いました。

――それが、今の古井田さんの自分の課題だと思いますが、逆に自分の持ってる強みで、どういうところを伸ばしたいですか?

古井田:は親しみやすいところが長所だと思うので、そこを活かして色んな人の意見を聞いてサポートしていくようなリーダーになりたいです。

――具体的にどう行動したらそのような存在になれると思いますか?

古井田:色んな場面でたくさんの方々からアドバイスや指摘を自分から貰いに行くことを徹底していきたいと思います。

また様々なメンバーの意見をしっかり聞いて沢山の価値観を吸収していこうと思います。

そしてゆくゆくはメンバー全体を見ることができるようになりたいです。

――上釜さんは、そんな古井田さんにどんなサポートをして行きたいと思いますか?

上釜:そうですね。

私がLMCで学んだのは、主体性を持つことです。

自分からどんどん動いていかないと学べないので、とりあえずやる。そして失敗してもそれを次に活かすということが大事だと思います。

だから、最初は僕から教えるというより、とりあえず篤史自身で動いてもらいたいと思います。

篤史が考えて行動に移した時に、間違えた方向に行きそうだったら、私の経験などを話して、一緒に方向修正していくという形でサポートしていきたいと思います。

今後の目標

――古井田さんのこれからのLMCでの目標を教えてください。

古井田:私は、周りに貢献できるような人になりたいです。

そのために、LMCの活動の中で担当していく仕事や、イベントの中で自分のすべきこと、全てのことに対して責任感を持ってやり遂げていきたいです。

――上釜さんが学んだことを引き継いでほしいですね!では、上釜さんから古井田くんにメッセージお願いします。

上釜:メッセージかあ(笑)
古井田:なんでもいいです!熱いのをお願いします(笑)
上釜:正直、結構しんどくなることはあると思う…でもとりあえずやる!をモットーに頑張れ。やり抜く事はすごく大事だと思うから。

――では、来年から社会人になる上釜さんに古井田くんからメッセージありますか?

古井田:来年から社会人になられるので、上釜さんが学生のうちに上釜さんのいいところを盗んで行けるように頑張ります!

――すごく仲の良さが伝わりました!ではこれでインタビューを終わります。
ありがとうございました。

上釜・古井田:ありがとうございました!

 

憧れの先輩を追いかける後輩の熱い眼差しがとても印象的でした。

いずれは先輩を追い越せるようなそんな頼もしい成長を期待しています!