【19卒福岡大:自己紹介】このまま社会人になることに不安を感じたのでLMCに入会し、積極性や周りとの信頼関係の大切さに気づきました。


はじめに

LMC に入会しているメンバーの生の声を紹介しています。
就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾 などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC 入会をご検討の学生さ んの参考になれば幸いです。 
福岡でも新メンバーが増えつつあり、今回は福岡 19 卒のメンバーを紹介して いきます。

自己紹介 

ki

福岡大学経済学部産業経済学科三年の埜口皓貴さん(右)。
高校ではテニス部で活動していました。
彼の紹介者である福岡大学法学部法律学科四年の大田哲弘さん(左)も交えて座談会を行いました。 

入会のきっかけ

――二人はどうやって知り合ったんですか?

大田:一緒にボウリングをして遊んだのが知り合ったきっかけです。

埜口くんが僕の共通の友達から誘われてきたんです。

――埜口さんが LMC のイベントに参加したきっかけは何だったんですか?

埜口:大田さんと今から迎える就活についてや、将来どうなりたいかについて話す機会があったんですが、その時に自分には大学で一生懸命打ち込んだものがないということに気づかされたんです。
バイトばかりしている大学生活には、物足りなさを感じていましたし、社会人になることに対してもとても大きな不安を抱えていました。
なので、そんな自信のない自分を変えたい!と強く思ったということもあって、まずはイベントに参加してみることにしたんです。 

――では実際に埜口さんがイベントに参加してみてよかった点は具体的に何ですか? 

埜口:まず、硬いイメージが全く無く、サークルのように楽しいというイメージでした。
でも、勿論楽しさだけではなく、”先輩方や同期と共に何事も全力で頑張れるいい環境“だなとメンバー間の雰囲気を見て感じました。

その時に、イベントに参加してみてよかったと思えて、すぐに入会を決めました。

――ではなぜ大田さんは埜口さんを LMC に誘おうと思ったんですか?

大田:自分と埜口くんとそこまで親しい間柄というわけではなかったのですが、埜口くんのSNS を見ていると友達が凄く多くて、みんなで頑張るのが好きそうだなという印象でした。
LMC には”一つの目標に向かって皆で切磋琢磨できる”という環境が整っていて、そこでチームを引っ張っている埜口くんの姿がすぐに想像できました。
だから、もしかしたら LMC の環境に向いているかもしれないと思って、イベントに誘ってみることにしたんです。
埜口:おお、そうだったんですね!ありがとうございます!(笑) 

――埜口さんはそんなに沢山友達がいる印象だったんですね!(笑)

大田:そうですね!(笑)
自分の後輩で埜口くんと友達!って子が沢山いたということもあって、そう思いました!(笑)

埜口:自分でも本当に沢山の友達に恵まれたなと思っています。

人生は一度なので人との繋がりを大切にしたいと考えて、小学生の頃から出来るだけ多くの人と接するように行動してきた結果、いつの間にか沢山友達ができていたんですよね(笑)

――では埜口さんから見た大田さんの印象はどのようなものですか? 

埜口:直接の先輩ではないので、あまりじっくり二人で話したことはなかったのですが、大田さんは誰に対しても丁寧に接していて、とても優しい人という印象でした。 

入会後の変化 

tal

――では埜口さん、LMC に入会後の変化について教えていただけますか? 

埜口:そうですね、二つあります。 
一つ目は、組織の中での自分の立ち位置を把握するために、どの部分で自分は組織を引っ張っていけるかを常に考えて行動に移せる力がついたということです。
二つ目は、周りの仲間と信頼し合ってお互いに仕事や役割などを任せれるような信頼関係を築けるようになったことです!
 大田:いいことだね。 

――確かに、LMC は仲間と切磋琢磨しながらも、お互いを認め合った信頼関係が築ける環境ですよね。 

埜口:はい、活動している中で実感しますね!

――では、そうして LMC の活動をしていく中で身についた力はありますか?

埜口:マインドの部分で成長できたことです!自分は負けず嫌いなので今までは、他人に負けるとその人に勝とうとしていたのですが、LMC に入ってからは、その人を評価し、その人の良い部自分を吸収して成長していくということが出来るようになりました。

大田:確かにそれは身についてるね! 

――LMC に入る前と後での埜口さんの変化というのは大田さんから見てありましたか? 

大田:埜口くんの今までの大学生活では、先輩や目上の人に対しての礼儀や気配りの意識はそこまで強くなかったのかもしれませんが、LMC に入ってからは、なりたい自分に近づくために、まずは、先輩に対する礼儀、即レス・報・連・相の徹底など社会人として基本的なこと徹底しようとしている姿勢が分かって、そういうところに変化を実際に感じています。
 埜口:確かに、LMC に入ってから目上の人に対しての礼儀というものを今まで以上に気にするようになりました。 

――では、埜口さんから見て大田さんの印象っていうのは変わりましたか? 

埜口:LMC での大田さんを見て、周りからの信頼がとても厚い人なんだなと気付かされました。
それは大田さんの人柄でもあると思いますし、LMC での頑張りに対するみんなからの答えなのだとも感じました。
そんな大田さんに憧れて、 “自分も周りから信頼されるような人になりたい“と強く思うようになりました。

――大田さん、凄く信用されてるんですね!では、大田さんはこれから LMC の活動を頑張っていく埜口さんをどんな風にサポートしていきたいですか?

大田:自分が今まで LMC で学んできたことをしっかり教え、受け継いでいってもらい、埜口くんがもっと成長できるように最後までしっかりサポートしていきたいです! 

これからの目標 

――では、埜口さんはこれからどんな風に LMC の活動を頑張っていきたいですか? 

埜口:やはり、大田さんのような信頼される人になるために、どんな場面においても実績と愛嬌を大切にして、日々の活動に励みたいと思っています。
 大田:しっかり活動を頑張ってください!(笑) 

――では、最後に大田さんから埜口さんに向けてメッセージをお願いします! 

大田:しっかり LMC でリーダー経験を積んで、これからの大学生活にしっかり活かしてほしいです!
これからも頑張ってください!
 埜口:はい!頑張ります! 

――ありがとうございました! 

大田埜口ありがとうございました!
 oo
埜口さんは大田さんのようなみんなから信頼される愛されキャラ目指して、頑張ってくだ
さいね!