【19卒:福大自己紹介】私なりの強みを生かして、自分を一番成長させることのできる環境はここだと思い入会しました。


はじめに

LMC に入会しているメンバーの生の声を紹介しています。

就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾 などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC 入会をご検討の学生さ んの参考になれば幸いです。

今回は福岡 19 卒のメンバーを紹介していきます。

自己紹介

IMG_3877

福岡大学経済学部経済学科3年の秋吉美沙さん(右)

今回は彼女の紹介者である福岡大学経済学部経済学科3年の冨永奈津穂さん(左)も交えて座談会をしました。

入会のきっかけ

――始めに、お2人の関係を教えてください。

冨永:美沙は大学で出会った友達なんですが、1年生の最初のミニゼミのようなもので一緒で、そこで同じ班で隣だったので、私から話しかけてみたのがきっかけです。
話していくと、私の高校の時の親友と美沙の中学の時の親友が同じ人で、凄く盛り上がりました。

共通の友達がお互いの大事な人だということで親近感もありましたし、気が合ってすぐに仲良くなりました。

――凄い偶然ですね。その時のお互いの印象はありますか?

秋吉:私が最初に奈津穂を見た時は、大人っぽいの一言に尽きました。

ヒール履いていて、春のコートをオシャレに着ていて、同じ学年とは思えないぐらいでした(笑)
冨永:美沙は、正直色が黒いなと思いました(笑)というのは冗談で、優しそうな子だなという印象でした。

実際に話してみると、印象通りの人でした。

――冨永さんは何故、秋吉さんをLMCに声かけしようと思ったのですか?

冨永:1番は一緒に頑張りたいと思ったからです。美沙は結構効率悪いんですよね(笑)

でも、頑張る子なんです。

出来なくても、やることはやるという姿勢と、ドジで愛されキャラであるところを知っていくうちに、美沙はLMCで必要な存在だと思いました。

だから、LMCで一緒に頑張りたいと思いました。

――例えば、どういった場面でそう感じますか?

冨永:はい。美沙とはバイトも一緒なんですけど、そこでの美沙を見ていてそう思いました。
美沙は自分で仕事の効率が悪いと言いつつ、それを言い訳にして怠けるのではなく、バイト以外の時間も、覚えるべき仕事を覚えてたり、分からないことを質問していたり、意欲的だったところですね。
秋吉:そのぐらいしないと覚えないんです(笑)

IMG_3880

――秋吉さんは、イベントに来てみて、LMCにどういう印象を抱きましたか?

秋吉:私は、LMCのメリハリがあるところがいいと思いました。

ベントに来る前は、LMCに対して固いイメージがありました。

でも、イベントの時見せてもらった動画や先輩方の話から、やる時はやる遊ぶ時は思い切り楽しむということを知り、ここは楽しみつつ成長出来る場所だと感じました。
実際、その時先輩方がすごく優しく接してくださり、いい雰囲気だなあと思いました。

――では、入会の決め手は何ですか?

秋吉:本当に最終的な決め手は、奈津穂が誘ってくれたから、間違いないと思ったからです。

奈津穂の話を聞いて、私はここで頑張ったら自分を成長させることが出来ると思いました。

イベントでも、メンバーの雰囲気も凄くよかったので、本当に間違いないなと思いました。
後は、奈津穂の一緒に頑張りたいという気持ちに答えたかったからです。

入会後の変化

――秋吉さんが入会して、LMCで活動している冨永さんの印象が変わった場面はありましたか?

秋吉:奈津穂は、割と最初の方から入会しているメンバーとして、皆の前に出て頑張っているなという印象を受けました。
皆の意見を聞いてまとめたり、分からないことがあったら質問したり、積極的に動いていて、尊敬すると同時に、私も頑張らないとなと思って見ていました。
普段一緒にいて、リーダーシップ感じる場面はなかったのですが、高校時代部活のキャプテンや体育祭のチアリーダーなどやっていただけあるなと思いました。

――逆に、冨永さんが秋吉さんを見て、LMCに入る前と後で変わったなと思うところはありますか?

冨永:自分から人の前に出るようになったなと思います。
意外と美沙は人前に出るのが苦手で、美沙が人前に出て何かするという場面はあまり見ませんでした。

も、勉強会やイベントの時など発言する機会がある時は自分からバンバン前に出ていて、美沙はそういうリーダーシップもあるんだなと思いました。

――では、秋吉さんが自身でLMCに入って自分が変わったなと思うことはありますか?

秋吉:はい。まだまだなんですが、人前で話す力がついたと思います。

私は、大学ではサークルも入っておらず、多くの人の前で発言する機会がありませんでしたし、前に出ようとするタイプでもなかったので、そこが成長してきた部分だと思います。

――それは意識して変わりましたか?

秋吉:そうですね、でも自分の意識というより、周りの環境だと思います。
全員に前に出るチャンスがあって、自分も発言出来るようになりました。

最初は、与えられたことはやらなければいけないと思って前に出ていましたが、そうやっていくうちに自分にも出来るかもしれないという自信に繋がっていきました。

今後の目標

――秋吉さんのこれからのLMCでの目標を教えてください。

秋吉:まだ周りに巻き込まれている方だと思うから、逆に巻き込める立場になりたいです。
 ――そのために、具体的にこれから始めようと思うことはありますか?
秋吉:まずは自分の思っているところを口に出してみることです。

以前の自分と比べると発言力はつきましたが、他のメンバーと比べるとまだまだです。

自分が思うことがあっても言わずに、他の人が先に自分の意見を出しているということがあるので、自分から意見を出すよう心がけます。

――冨永さんはこのような秋吉さんに対してどうサポートしていきたいですか?

冨永:悩みがあったら1番に気づいて、聞き出せるような距離でいたいなと思います。
後は、良きライバルでもありたいです。

美沙が持っている長所と私の持っている長所は違うので、お互い高め合って、一緒に頑張りたいです。
秋吉:そうですね。

奈津穂が言ってくれたように、お互いの長所も短所も違うので、お互いの足りないところは補い合って、お互いの長所は伸ばし合っていける関係でありたいです。

――お互い切磋琢磨して頑張ってください。本日はありがとうございました!

秋吉冨永:ありがとうございました!

プライベートではとても仲良しなお二人ですが、LMC では良きライバルとしてこれからの活動を頑張ってくれることを期待しています!

IMG_3878