skip to Main Content

【東京19卒:慶應義塾大学】ロジカルシンキングや地頭力を鍛えたいと思って入会しました。

はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。
就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介 

19卒慶應義塾大学商学部三年の安藤麻衣(写真右)と、
18卒で麻衣と同じ大学同じ学部の四年の寺本遼平(写真左)のお二人にインタビューしました。

入会のきっかけ

――まず簡単な自己紹介お願いします。

安藤:慶應義塾大学商学部三年の安藤麻衣です。
趣味は占いとお笑いと体を動かすことです。

寺本:麻衣と同じ大学同じ学部の四年の寺本遼平です。
趣味はバスケットボールとスノーボードです。

――早速ですが、お二人の関係を教えてください。

寺本:麻衣がLeapイベント来てくれた時の担当者が俺やった感じかな。

安藤:私は大学の友達に一緒に行こうと誘われて行きました。

――イベントに誘われた時はどう思いましたか?

安藤:その時は、丁度就活始めなきゃって思っていたのでいきたいと思いました。
自分の周りはもう動いていたので焦っていました。

――実際に来てLeapにどういう印象をもちましたか?

安藤:危機感が煽られました。
社長のお話で競争相手の明確な数も出されて、何もまだ動き出せていない自分に焦りをすごく感じましたねなんだかんだどうにかなると思っていた気持ちがなくなりました(笑)

あとは座談会で寺本さんと井上さんが話をしてくださって、話がとてもロジカルでわかりやすく、すごい人達がいる場所なんだなって率直に思いました。

――寺本さんはLeapに来た安藤さんに対してどういう印象受けましたか?

寺本:しゃべっていて素直さも見えてちゃんと焦りも感じられた。
自分に自信がないんだなってのも感じた。

――LMCに対してはどんな印象でしたか?

安藤:とても興味を持ちましたね。まず、LMCに入れば話し方とか伝え方がうまくなるのかなって思ったからです。
あとは、就活一人でできないから助け合える人が欲しいと思って興味を持ちました。

――周囲ではそういう関係はないんですか?

安藤:ゼミに話し合える同期はいるんですけど、先輩方とはあまり交流がないので、LMCだったら経験者の話も聞けるのかなって思いました。

――LMCの入会に至った一番の決め手を教えてください。

安藤:一番の決め手は成長したいなって思ったことと、もう迷うのが面倒になったからです(笑)
また、先輩方の話し方の上手さは鍛え上げた成果だときいて、自分も頑張れば変われるかもって思ったからです。

――入会したらこんなことしたいなどは考えていましたか?

安藤:ロジカルシンキングや地頭力を鍛えたいというのが根底にあって、それを鍛えるためだったらなんでもやってみたいと思いました。

入会後の変化

――入会後の率直な感想を教えてください。

安藤:入会後は思ったよりもきついって思いました(笑)
理由は二つあって、一つ目は勉強会だけでなくイベントの運営など実践的な活動があり、そこで自分がどのように動けばいいかわからなかったからです。
二つ目は、スピード感に着いていくことが21年間マイペースに生きてきた私にとって大変なことだからです(笑)

今は「とりえずやる」を実践しようとしています。

――同期の印象を教えてください。

安藤:本当にいろんな人がいますが、あんまり自分をオープンにするタイプの人は少ないのかなって思いました。
やっぱりLMCってがっつり仕事をする場でもあるので、みんな基本的に仕事のときの顔なのかなって思います。

寺本:確かに、勉強会と飲み会での顔はみんな違うなって思うね。オンとオフはしっかりある。

――LMCに入って自分なりに感じた変化ってありますか?

安藤:はい、スピード感を意識するようになりました。
あとは今までだったら仕事を抱え込むと病みやすかったんですけど、今は「やらなきゃ」って淡々とこなしています。社長や先輩、同期の影響ですね。

――今後はメンバーとどのような関係を築いていきたいですか?

安藤:ぶつかることを恐れない関係になりたいですね。
私もなんですけど、適性検査でもメンタルが弱いってでた人も結構多いと思うので、みんなでぶつかり合って鍛え上げていきたいです。

――これまで活動してきて一番印象に残ったことを教えてください。

安藤:この前の会議で新しく20卒でもっといい組織にしたいっていうみんなの気持ちが見えて楽しかったです。

――先輩や社長の印象はどうですか?

安藤:寺本さんは本当に話がわかりやすくて説得力があります。しかも嫌味がなくて印象がいいので本当に凄いなって思います。
あとは、周りをすごい見ることができていて尊敬します。社長はオンとオフの差が大きいので、その切り替えを私も身に付けたいなって思います。

――寺本さんの安藤さんへの印象はどうですか。

寺本:大きく二つあって、一つはイベントとかでズバズバ本質をつくような質問ができていて、本質をつく力が19の中ではあるなって思う。
二個目は、集客面で自分のグイグイ面をアピールできているなって思う。

今後の目標

――今後の安藤さんの目標を教えてください。

安藤:人を嫌な気持ちにさせずに相手を納得させるような話し方ができるようになりたいなって思います。嫌味なく説得したいです(笑)

――具体的にどういうことですか。

安藤:嫌味なくというのは、私は言い方がきついので時々角が立ってしまうのでそれを改善したいなという気持ちからきています。
説得というのロジカルシンキングができるようになって伝わる話し方をしたいとういうことです。

――挑戦したいことってありますか。

安藤:大きなイベントを運営してみたいですね。

――18の先輩方が卒業したらどんなLMCにしていきたいですか?

安藤:向上心のある組織にしたいです。そのために私は前のめりに頑張っていきたいです。

お互いへのメッセージ

――最後にメッセージをお願いします。

安藤:もうすぐ卒業されると思うんですけど、私含め19卒はまだまだ先輩方のようにはなれていないので、それまでに厳しいアドバイスを沢山お願いします。

寺本:まず卒業する前までは、LMCを有効活用してほしい。
色々なとこに顔を出して、いろいろ失敗して怒られてそれを糧にして頑張ってほしい挫折を経験してほしいな。

あとは知的好奇心を大事にして卒業後は、卒業前に養ったスキルをガンガン発揮して行こう!

――ありがとうございました。

同:ありがとうございました。

Back To Top