skip to Main Content

【東京19卒:昭和女子大学】将来活躍するために自分の論理的思考力などを鍛えるべく入会しました。

はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。
就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

19卒昭和女子大学人間文化学部国際学科3年の吉村杏菜さん(写真右)と、
彼女に声をかけた、20卒立教大学経済学部4年の渥美友梨さん(写真左)のお二人にインタビューしました。

 

入会のきっかけ

――早速ですが2人の関係性について教えてください。

渥美:私達は東進ハイスクールという予備校で働いていました。
校舎は違ったのですが、いくつかの校舎が集まってする会議などで少し顔を合わせていました。

吉村:チームに分かれて活動していたのですが、わたしも渥美さんも同じチームに所属していたので、月に一回ほど会っていました。

――吉村さんはどのようにイベントに誘われたのですか?

吉村:自分が所属している人材会社で無料のイベントをやってるんだけど、興味あったら来てみない?と誘ってくれました。

――イベントに誘われた時はどう思いましたか?

吉村:わたしはもともと就活に対しての不安がすごくあり、ちょうどその時インターンの募集が始まり出して何をすればいいかわからず不安だったので行きたいと思いました。

――具体的にどのようなことが不安でしたか?

吉村:就活は面接のイメージが強くあったのですが、私は人前で話すことに対する苦手意識があり、自分の考えをまとめてわかりやすく伝えることも難しいなと感じていました。

――実際にleapイベントで話を聞いてみてどんな印象を持ちましたか?

吉村:私は就活のために話せるようになる目的で大学生での色々な活動をしようと思っていたのですが、そうではなくそもそも“人に伝える”こと自体がとても大事で単純に話のテクニックとは違うのだなと感じました。

――そこからLMCに興味をもったのはなぜですか?

吉村:leapで論理的思考力が大事だということを教えてもらったのですが、私はそれに関して全く自信がなかったんですね。
でも将来何をするにしても大切なことだと思ったので、論理的思考力を鍛えたくてLMCに興味を持ちました。

――そうなんですね。その時はどんなことを話しましたか?

渥美:あんなちゃんは将来どうなりたいのかという話をしました。
話しているうちにあんなちゃんが将来したいことなどを聞いたのですが、それを叶えるためには彼女自身が成長しないといけないと思ったので、LMCに合うなと思いLMCの話をしました。

――その後入会至った1番の決め手は何でしたか?

吉村:1番は自分がとても成長できる場所だなと感じたことです。
就活のためではなく、その先を見据えて活動しているところがいいなと思いました。
また、渥美さんが選考に落ちても励ましてくれて、何でも話せる仲間がいたから就活も楽しかったというのを聞いて、そういう学歴や学部関係なく、高め合える仲間ができるというのは私にとって大きかったです。

 

入会後の変化

――入会後の活動の率直な感想等を教えてください。

吉村:論理的思考力を鍛える中で語彙力のなさや自分のできなさを実感することが多かったです。
でも活動する度に学びがあり、充実しているなと感じています。

――メンバーの雰囲気はどのような感じですか?

吉村:私が入る前から仲が良さそうだったので早く馴染みたいと思っていました。
夏にディズニーに一緒に行ったことでみんなと話す機会ができ、打ち解けられました。

――LMCの社長や先輩はどのような印象ですか?

吉村:まず社長はとても親しみやすい印象です。
社長は私たちと一緒に近い距離で活動していたり、飲み会に行ったりする中で1人ひとりを気にしてくれていて話しやすいです。
先輩はみんなそれぞれ尊敬できるところがあり、すごく私たちのことを見てくださっています。
みんな頼れる素敵な先輩です。

――これまで活動してきた中で印象に残っていることは何ですか?

吉村:二つあって一つ目は自己PRムービーを作ったことです。
自分を伝える難しさを感じましたが、自分がどんな人間なのかを真剣に考え、思っていることが整理されました。
二つ目は新オフィスの内装を考えることです。
オフィスの引っ越しにあたり、1から内装を考えているのですが、どのインテリアを買うかなど考えていてとても楽しいです。

――どんなところが楽しいですか?

吉村:どうしたらおしゃれでみんなが快適に過ごせる部屋をつくれるかと考えることが楽しいです。
元々インテリアに興味があり、みんながこれから1年以上過ごす空間をつくることはすごく重要だなと感じました。

――今後はどのようなインテリアにしていきたいですか?

吉村:今後はみんなの意見も取り入れて、より良い環境づくりをしていきたいです。
それから、きれいな部屋を保ちたいです。
それは環境によって一人ひとりのパフォーマンスが変わるという思いがあるためです。
今後もきれいで快適な空間作りに向けて引っ張っていきたいです。

――渥美さんから見た吉村さんの変化はありますか?

渥美:あんなちゃんは想いがすごくたくさんあって、質問するといろいろ出てくるけど、それがきちんと言語化できていない状態でした。
この気持ちを表す言葉は何だろうというところを一緒に探っていく中で、あんなちゃんは一つひとつの行動に意味を見出す子だなと思いました。
言葉がお互い納得できたので、これを強みにしてこれからやっていこうという話をしましたね。

――渥美さんは吉村さんのメンターですがどのような印象ですか?

吉村:とても親身に相談を聞いてくれて、いつでもどんなことでもすかさず応えてくれます。
さらに毎週活動報告書を提出してフィードバックをもらっているのですが、優しくて親しみやすいだけでなく、厳しい指摘もしてくださり、毎週頑張ろうと思えます。
ご自身のことも大変だと思うのですが、メンターとして手厚いサポートをしていただいているので有難いです。

――吉村さんの活動している様子を見て成長したと思うところはありますか?

渥美:自分で仕事をとっていくような姿勢が見られますね。 あんなちゃんはこだわりが強く、自分でやり遂げたいというような意思があるので、いい意味で欲張りになってきたかなと思います。
きっと以前からそうだったと思うのですが、ここに来てよりいろんなメンバーがいる中でLMCでの存在感を出すために欲張るようになったのかなと思います。

――今目標としている人はいますか?

吉村:渥美さんですね。
私は目の前のことに精一杯になってしまい、いろんなことを中途半端にしがちですが、渥美さんはLMCでの活動もその他の活動も全力でやっているなと感じていて、すごく尊敬しています。

――渥美さんは何かありますか?

渥美:以前はそこまで近くで見ていたわけではないので、いいところしか耳に入ってこなかったのですが、今はメンターとしてあんなちゃんを育てたいと思っているので、あんなちゃんが伸ばしたいと思っていることを伸ばせるようにサポートしていきたいと思っています。

 

今後の目標

――今後のLMCでの目標はありますか?

吉村:ここで活動していると自分次第で何でも挑戦できるし、自分が動いた分だけ成長できるなと感じているので、後で後悔しないようにいろいろな事に挑戦して、たくさん学んで、自分の幅を広げたいなと思っています。

――具体的にやりたいと思っていることはありますか?

吉村:まずはイベントの幹事をやっていくので、みんなに満足してもらえるように頑張りたいと思います。
さらに、私はやったことのないものには中々手をあげないタイプなので、新しいことにどんどん挑戦していきたいです。

お互いへのメッセージ

――最後にメッセージをお願いします。

吉村:私はまだまだ成長するポイントだらけだと思うので、いつでも気づいたときに指摘して頂きながら、これからもずっと関わっていけたらなと思うので、宜しくお願いします!

渥美:あんなちゃんはもっと自分色を出していってほしいです!
LMCでも活動もそうだし、自分のやりたいことを見つけて社会に出る上でもそうなのですが、ここだけは譲れないという芯みたいなものがあんなちゃんにはあると思うので、それを最後まで突き通してほしいし、それが絶対輝けるものだと自信を持って前に進んで欲しいです。

――ありがとうございます。では、これにてインタビューを終了します。

一同:ありがとうございました。

 

Back To Top