skip to Main Content

【東京19卒:慶應義塾大学】使える社会人になるために、実行力と論理的思考力を鍛えたいと思って入会しました。

はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。
就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

19卒慶應義塾大学商学部3年の湯浅琢磨(写真右)と、
彼に声をかけた、慶應義塾大学4年の寺本遼平 (写真左)のお二人にインタビューしました。

入会のきっかけ

――まずは簡単な自己紹介をお願いします。

湯浅:慶應義塾大学商学部3年の湯浅琢磨です。
趣味はスノーボードですが、夏は主に麻雀とパチンコばかりしています(笑)

寺本:慶應義塾大学4年の寺本遼平です。
湯浅と同じくスノーボードが趣味ですが、パチンコはしません(笑)

――お二人の関係性について教えてください。

湯浅:スノーボードサークルが一緒で仲良くなりました。

――湯浅さんに声をかけた経緯を教えてください。

寺本:最初は俺がサークルの後輩たちが心配で、就活の情報を色々話していました。
その流れでLMCのイベントに来たいって事になってそのまま案内した感じかな。

――寺本さんに誘われた時はどう思いましたか?

湯浅:その時は正直就活について何も考えていなかったです。
寺本さんにイベントに誘って頂いたのはありがたかったけど、あまり意欲とかは沸いていなかったですね。

――ではLeapイベントに参加した時の印象を教えてください。

湯浅:俺は就活の小手先のテクニックを聞こうとしていたんですけど、そんなことは実はどうでもいいんだって納得しました。
あとは先輩の話がとてもわかりやすいなと感じました。
自分が普段からいかに話し方が下手なのかを実感しましたね(笑)

――入会の決め手を教えてください。

湯浅:寺本さんと話して分には論理的思考力が欠けてるんだと気付いて、LMCならそれが鍛えられるとも思ったので入りました。
もう一つの理由は、小塚さんに俺のやる気のなさを見透かされてしまったからです。
自分でも実行力の無さは自覚していたし、鍛え直して自己成長したいと思いました。

――入会したらこんなことをしたいなどは考えていましたか?

湯浅:とりあえず話が上手くなりたかったので論理的思考力を上達させようと考えました。
それから、迷ったらまず動いてみるってことが大事だなって事に気づいたので、癖にしていこうと思って、部署活動でも実践しようと考えました。

入会後の変化

――入会後の率直な感想を教えてください。

湯浅:すごく楽しくて、まだ1ヶ月くらいですが入ってよかったなと感じています。
正直めんどくさがりなところがまだ抜け切っていないのですが、少しでも手を抜くと周りが注意してくれる環境なのでありがたいです。
やらなきゃいけないことも多くて大変ですが、常に課題を見つけて具体的な目標を立てて活動に取り組むことを意識しています。

――同期の印象を教えてください。

湯浅:自分が今まで関わってこなかったような人がいるなと思いました。
俺の周囲はだらけている人が多かったので、常に全力でガツガツ頑張ってるメンバーを見ると素直にすごいなと感じます。
俺は怠けてしまうタイプなので、この環境で少しでも意識を変えていきたいなって思います。

――湯浅さんが入会後変わったと思う部分はありますか?

寺本:イベントに呼ぶ前までは何に関しても無関心って感じだった。
けど最近は色んな事を考え始めて目つきから変わったと思うな。
まだまだ甘い部分はあると思うけど、行動力のあるメンバー達と接して湯浅がぶちのめされてからは随分打ち込み方が変わったと思うな。

湯浅:確かに前よりは真剣に取り組むようになったと思います。
でも今の自分の状態で社会で
仕事ができるのかって言われるとまだまだだと思ってます。
グループディスカッションですら納得いく結論を出せないのに、実戦でできるわけないしね(笑)

今後の目標

――湯浅さんの今後の目標を教えてください。

湯浅:チキンな所を直して、思い切って突っ込める男になることです。
後は会社でチームとしてしっかりコミットして役に立てるようになるのが大きな目標なのですが、そのためにはメンバーの中で一番ロジカルだねって言われるくらいにはなりたいって思ってます。

――挑戦したいことはありますか。

湯浅:俺はレクサスを買いたいって野望があるんですけど、そのためにも会社の中では常に一番でいるくらいの実力を身につけたいって考えてます(笑)
なので誰よりも実績を出すための論理的思考力や行動力をLMCで鍛えたいです。

――18卒の先輩方が卒業したらどんなLMCにしていきたいですか?

湯浅:寺本さんがやってくれている事を後輩にもしてあげたいです。
後輩の悩みを一緒に考えて、背中を押せるような先輩になりたいですね。
そして自分がやっていることを後輩にしっかり教えられるように、今やっている事をしっかりやりきりたいと思ってます。
その上で更にオープンでアットホームな環境にしたいとも思っています!

お互いへのメッセージ

――最後にメッセージをお願いします。

寺本:湯浅にはいい意味で、俺の後釜になって欲しいかな。
変な部分は真似せんでいいから、いいとこ取りをしてほしい(笑)
集中して頑張れば2ヶ月で越せると思うんだけど、湯浅は本気になるのが恥ずかしいって感じてる部分がまだあるから、早く殻破って欲しい。

湯浅:就職するまで後3ヶ月程ですけど、期待に応えるって意味でも全力でやるので、よろしくお願いいたします。

――ありがとうございました。

同:ありがとうございました

Back To Top