skip to Main Content

【東京19卒:立教大学】将来のために楽しく仲間たちと自分を鍛えたいと思い入会しました。

はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。
就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

19卒立教大学3年の塩見春香(写真右)と、
彼女に声をかけた慶應義塾大学4年の井上遼平(写真左)のお二人にインタビューをしました。

――まず簡単な自己紹介からお願いします。

塩見:立教大学異文化コミュニケーション学部3年の塩見春香です。生い立ちとしては、生まれはアメリカのニュージャージー州で3歳まで、そこから中学3年生まで日本で過ごしました。その後、父親の転勤で再びアメリカのヴァージニア州で高校2年生まで過ごしました。

井上:慶応義塾大学法学部政治学科4年の井上遼平です。塩見との共通点としては、帰国子女ですね。僕は、小学校1年生から5年生までオーストラリアのシドニーに住んでいました。

入会のきっかけ

――境遇が似ているお二人の関係性を教えてください。

井上:長期インターン先で仲良くなりました。民泊の運営代行をしている企業にて、他部署ですが連携を働いていたことをきっかけによく話すようになりました。

――なぜ塩見さんをエルエムシ―に呼ぼうと思ったのですか?

井上:普段の働き方を見て、頑張る組織の中で目標を持てばがつがつ活動する子だと感じていてエルエムシーとは合いそうだから一緒に頑張りたいとずっと思っていました。入会を見据えて最初はleapの就活イベントに誘いました。

塩見:声をかけてくれた井上さんに加えて、もうひとり同じ19卒で仲良しがいたので楽しそうだと思いすぐに見学に行きたいと思いました。

――実際に参加してどのような印象でしたか?

塩見:イベントに参加する度に自分やばいかもと危機感を感じていました。(笑)

井上:確かに!塩見は参加する度に危機感は持っていたけど、その後に行動に移そうとは最初していなかったよね(笑)

塩見:具体的には、グループディスカッションセミナーに参加した時にやり方や色んな知識がないことに焦りを感じていましたね。このままだと将来が大変だと思っても、一晩寝たらその気持ちも消えてなかなか行動してなかった。

――その後はどうしてエルエムシ―に興味を持ったのですか?

井上:確かに結構いきなりの決断だったよね!

塩見:メンバーの奥村さんに一緒にがんばりたいと言ってもらえたことは大きかったですね。あとは純粋にメンバーの活動についての話を聞いていて楽しそうに話すから興味が大きくなりました。

井上:塩見とは一緒に頑張りたいと思っていたので、勧誘ではなく楽しいアピールをひたすらしていましたね(笑)

――なるほど。入会したらしたいことなどはありましたか?

塩見:まずは昔から自分ってどんな人なのだろうと考えることが好きで、就活などにも活かせそうだったから考えたいと思っていました。自分のことを知ってくれているメンバーも既にいたので心強かったですね。

入会後の変化

――入会後の活動に関する率直な感想を教えてください。

塩見:今まで育ってきた環境にはなかったようなエネルギーあふれる集団だなって常に思う!皆が前に出て頑張ろうとする姿勢をみて驚くのと同時に、自分も負けてはいられない、頑張ろうって思わさされます。後みんな優しい!

――今までで一番印象的な出来事はありますか?

塩見:朝10時にオフィスに行っても社長が相談に乗ってくれたことですかね。

井上:まぁ、就活はもちろん活動についてなどの僕たちの成長に関することはいつでも対応してくれるね。それだけ僕たちの育成に真剣な人であり、環境がある事は間違えないね!

――入会後に感じる変化などはありましたか?

塩見:人として当たり前のことをしっかりするようになったかな。レスは早くなど人間としてしっかりしようと思うようになったので、部屋がきれいになりました。(笑)あとは「とりあえずやる」という積極性もついてきたかと思います。

井上:メンターの僕から見ても、やるべきことにおいて成果を出すようになったと感じる。勉強会の参加率も高いし、社長へ沢山相談する前のめり感も見られるね。

今後の目標

――今後の目標を教えてください。

塩見:将来やりたいことを見つけたいですね。そして、バリバリ働くために使える人間になりたい。

井上:その二つの目標を達成するために何をしていこうか。

塩見:自分の強みが吸収率の高さや火が付いたときの巻き込み力だと分かってきたので、それがハマる業界を探していますね。あとはリーダーシップや論理的思考力を日々鍛えたいですね。

――エルエムシ―という組織をどのようにしていきたいですか?

塩見:基本的な即レスやホウレンソウがしっかりできて、新しいメンバーにも一緒に頑張りたいとすぐに思ってもらえるような関係性にしていきたいです。

お互いへのメッセージ

――最後にお互いへのメッセージをお願いします。

井上:エルエムシーの中で塩見だけのポジションを見つけてほしいかな。成長機会が与えられている環境で塩見が活動を通して色んなことを学び、その中で自信をつけていってほしい。きっとやりたいことも見つかってくると思う。

塩見:人間性とコミット力から生まれる信頼感を尊敬しているし、いつでも相談に乗ってくれて感謝しています。卒業を考えると寂しくなるけど、気にせずに一生ついていきます!(笑)

――これでインタビューを終わります。

ありがとうございました。

Back To Top