内定者座談会に行って学んだ事と教訓にすべきこと


こんにちはー!LMC福岡2014 福岡大の富永(姉)、富永(妹)、双子です。(UFJニコス、福岡銀行に内定)そして、福岡大のあやかです。(福岡銀行、SMBC日興証券、みずほ証券に内定)
先日、高校時代の同級生3人組で、日本生命の内定者座談会に行ってきました。

       
それぞれの先輩方のお話を聞いて、刺激を受け、とても勉強になりました。実際に足を運んで話しを聞くのが一番ですね。

 

自分の軸をつこと

はじめに、面接において「自分を固めること」が大事だとおっしゃっていました。面接では、何を聞かれるか、何を言われるかわかりません。圧迫面接のように、自分が言った事を全て否定されるなんて事もあるそうです。そういった時に、めげずに黙り込まずちゃんと自分の言葉で返答するのが大事だとおっしゃっていました。そのためには、自分を固め自分に誇りを持って自己PRしていかなければならないと思います。LMCでは自己分析を代表の小塚さんと一緒にやって自分の強みを固めていくのですが、それに迷うことなくしっかりとアピールしていきたいと思います。

 

企業にあった強みをつくる!?

また、企業にあった強みを作る事が大事ともおっしゃっていました。企業によって、求める人物像は違います。なので、その企業にあった強みを言えるような準備をしておかなければなりません。そのためには、やはり企業について知ることが大事になってくるので、企業研究をしっかりと行った方がいいというアドバイスでした。

 

面接官に質問を誘導するように回答する!?

面接官に自分が言いたいことを言えるように、「わざと全部言わずに核心部分だけを省いて回答して、面接官から質問を引き出す」ということもおっしゃっていました。そういうテクニックもあるのか!って感心してしまいました。

 

先輩のアドバイスは、自分のレベルに合っているか?

と、アドバイスを頂きましたが、企業合った強みを作るには、それなりの経験と賢さが必要ですね・・・。うーん、アドバイスを頂いた先輩は、高学歴で第一印象の素敵な方々でした・・・。明らかに自分のスペックと違う素敵な先輩方だったので、これを鵜呑みにしていたら、多分失敗する!!!って3人とも感じてしまいました。

先輩に、「就活で失敗する一番の原因は、先輩からの就活アドバイスだからw」って聞いたことを思い出しました!こうやって自分とは明らかにスペックが違う人のアドバイスを鵜呑みにして就活で失敗する人がいるんだろうなと思いました。

自分のレベルに合ったアドバイスが必要ですね。就活の情報やノウハウに溺れないようにしないとですね! 

最後までお付き合い頂きありがとうございました!