ホウレンソウは大事



はじめまして
LMC東京2014東京工業大学の北川です。

先日、LMCのメンバーにさせていただき、2回目の就職活動に臨みます。

 

ホウレンソウは大事

初投稿は研究室で起きた事件から再認識したことを書かせていただきます。
というわけで、いつもどおり研究室にいると、「Aはいるか?」と慌てた様子で先生がいきなり研究室に入って来られました。突然のことだったので、研究室にいた私を含めた数名の学生はぽかーんとして何が起こったのかしばらくわかりませんでした。すると、先生が「さっき事務室からAはまだ在学延長届を出してないんだよ。このままだと論文提出することになるから」と仰いました。というのもAは一年間、留学に行っていて、卒業を1年遅らせることになっていました。なので、論文を書ける訳がなく、手続きをしないと事務処理で専攻全体に迷惑をかけることになるからです。しかし、先生が来られた時、Aは席を外していたので私はすぐにAに電話をかけ事情を説明をしました。しかし、なかなか戻って来ず、先生の表情はますます険悪になっていきました。1時間後、Aは急いでいる様子もなく、先生の部屋を伺うと廊下に響く程の怒鳴り声で説教をし始めました。その後も延々と説教が夜まで続き、Aにとっては散々な一日となりました。

ではどうすればこのような事態にならなかったのでしょうか?
ずばり、関係各位に迅速に報告すべきだったのではないかと思います。
といのも、2週間前に先生から「手続きの必要があるよ」と促されていたのにも関わらず、放置していたからです

そして、先生は私よりも40歳以上年上で人生の大先輩でもあり、小さなミスが大問題につながることをわかっておられたので、事務室から連絡があるや否やすぐに対応に取り掛かられました。

と偉そうにつらつらと当時の状況を第三者として書いていますが、私も1回目の就職活動の真っ只中に右往左往し就職活動の状況を先生への【ホウレンソウ】を怠り、「大人になれと」Aと同じように説教されました。

これは就職活動を上手く進めていく上でも共通しているのではないでしょうか?大半の人が就職活動をするのが初めてで何をしていけばいいのかわからない。とにかく行動しているが正しいのか不安になる。そこで、信頼できる大人の相談相手を見つけることがこれらの悩みを吹き飛ばしてくれるのではないでしょうか?親でも兄弟でも恋人でも大学の先輩・友達でもいいのではないでしょうか?とにかく悩みを聞いてもらうことが大事です。周りにそんな人がいない?!LMCのメンバーであれば幸いにも小塚さんがいるじゃないですか!!

少し話が脱線してしまいましたが、【ホウレンソウ】は大事です。

就職活動解禁まで残り2週間をきって、慌しくただしくなってくると思いますが、LMCの活動に真摯取り組み、乗り越えていきましょう!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
以上、北川でした。