少しの勇気が内定に繋がる!


こんにちは。LMC東京2014上智大学の堀口です。(※日本総合研究所、第一生命に内定)

 

中目黒でジンギスカンを食す!

先日、東京メンバーのみんなでジンギスカンを食べに行きました!中目黒にある、LMC代表の小塚さんのおすすめのお店です。

羊特有の臭みが全く無く、おいしくいただくことができました!そして11月27日が、東京新メンバーあけみちゃんの誕生日ということで、ケーキでお祝いしました^^

あけみちゃんお誕生日おめでとう!素敵な一年になりますように…♡

 

少しの勇気が内定に繋がる!

さて、いよいよ就職活動が本格化してきましたね。12月を間近に控え、就活に対する楽しみと不安が入り混じり、なんだか複雑な気持ちです。(書いているのが11月末です)

そんな時、某企業の内定者の方とコンタクトをとることができ、ランチをご一緒していただけることになりました。同じ大学の先輩で、紹介の紹介といった形でなんとか繋いでもらいました。

初対面であったのですが、とても優しく、丁寧にご自身の就職活動についてお話しくださり、参考になるとともに、就活に対するモチベーションを一層あげることができました。書籍やインターネットで調べるのとは違う、実際に経験をされた方から得る情報は、より現実味があり、何倍も自分の中に吸収される気がします。上智大学とはいえども、はやり就活は苦労するようです。ガンガンお祈りされると仰っていました。また、影では相当な努力をされていたようです。内定者の先輩って「大丈夫だよ」とかいう人が多いですが、実際は違うんですねw。

その分、人にお願いする、ということは何倍ものエネルギーと勇気を必要としますよね。連絡先に連絡をするのも勇気が入りますし、友人、知人にお願いするのも「悪いな」と思いながらもお願いするのって勇気がいります。しかし、人から直接お聞きする情報は何にも変え難い、自分の財産になると思います。自分と本当に合う企業を見つけるためには、やはり「人」からの情報が必要不可欠ですよね。

就活では、OBOG訪問という手段があり、私たちはかなり恵まれた状況であると思うのです。実際に働いている方の現場の声をお聞きすることで、自分がどのような環境で、何に重きをおいて、どのような仕事をしたいのか、明確になってくるのだと思います。

少しの勇気を持ち、社会人の方とお話する機会を積極的に自分から作り出していきたいです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。