就活で癖になる悪循環


こんにちは!
LMC東京2014、武蔵大の福田です。

先日、選考で日本橋に行くことがあり、
ついでにパシャリ♩

ご存知の人もいるかと思いますが、
映画「麒麟の翼」にもこの麒麟さんは登場します。
そしてキャストは阿部寛。
私は阿部寛演じるテルマエロマエに似ていると
よく言われるので少し意識してみましたw

さて今回は就活体質について話をしようと思います。

 

就活体質について

一般的にITなどの選考の比較的早い企業は
面接ピークの時期だと思いますが、
面接は朝1番か、
午後1番か、1番最後の時間帯が良いと言われています。

人事の方が1番意識のはっきりしている時だからだそうです。
(本当か分かりませんが…)

ってことは、
学生は朝1番は起きれないので、
昼1番か1番最後を狙うわけですよね。

実際に面接予約をするときも、
その時間帯から埋まってしまいます。

そして、私も当然その時間帯を狙うわけですw

しかし毎回のように午後1番に入れるので、
起きる時間帯も自然と10時~12時に固定されてしまいます。

そんな訳で寝る時間も結局ずれ込んで遅くなり、
朝早く起きれない体質になってしまう。

さらにこの時期大学は長期休みで
就活しかしていないので、 学校を忘れてしまいます。

4月上旬から学校が始まりますが、
具体的にいつから始まるのやら…

そんな訳で1度日々の生活を取り戻す必要がある!!

 

負のスパイラル

これを就活にかなり強引ですが当てはめてみると、
ESが通らない方、面接が通らない方。

この時期悩んでる方も多いと思います。

だけど、落ち続けることでそれが、
癖になってしまっている場合があります。

つまり負のスパイラルです。 これも一種の就活体質。

ESが通らない、面接が通らない、
それをどうにかして解決しようと試みている方も
いるかもしれません。

もちろんテクニックだけ変えたところで、
何も意味がないわけで
根本的にやり方が間違っている場合もあります。

また、キャリア支援センターに行って
沢山練習をこなして自信を付けたとしても、
みんながみんなキャリアで練習しますから、
差がつかず落ちている可能性もなきにしもあらずです。

じゃあどうすれば良いか。

 

投資という考え方

環境を変えてみるのもいいでしょう。
キャリア支援センターも利用しつつ、
就活団体に入ってみるのもいいでしょう。

実際、どこかの団体に所属する人に
抵抗がある人の多くは、 お金です。

でも考えてみて欲しいのですが、
本当に欲しいモノにはお金を使いますよね。

それがサービスであれ、食べ物であれ、
自分がそこに価値を見いだせば、
財布のふたを開けると思います。

そこには「消費」というより、
「投資」という考えの方が似合うかもしれません。

就活も同じで…
決まらなかったら正直シャレにならないですよね。

是非、行き詰まっている人は、
視野を広げ、 プライドを捨てて、今一度考えてみてください。

 以上です。
お付き合いいただきありがとうございました!