就活は継続力が大事なので苦手な人は読んでね


こんにちは。LMC福岡2015福岡大学の副島です。(※ファミリーマートに内定)
先週は地元の佐賀に4日間帰省していました。高校のクラス会に行ったり、部活に顔出しに行ったり、いつも一緒にいたメンバーと遊びました。いろいろな話をして盛り上がりとても楽しかったです。

その中でもみんな将来のことを考えていて頑張っているいうことを聞けて、自分も負けずに頑張ろうと思いました。今週からまた気持ちを切り替えて就活に向けて頑張ろうと思います。

 

単発ではダメ

さて、今日は継続力についと書きたいと思います。なぜ書こうかと思ったのかというと、論理的思考力や巻き込み力などの社会人に必要な能力のほとんどが継続力なしには身につかないものであり、そして、僕自身が継続して行うことが昔から苦手であったため、改善するにあたって、人が書いたものではなく、自分なりに継続力をつけるには何が大事なのかを考えた方がいいと思ったからです。

継続力をつけるには何が大事なのかを考えるにあたって継続力がない人はどんな人なのかを考えてみました。
僕を含め継続力がない人の特徴として、頑張ることに苦しみを感じている人が多いかと思います。

例えば僕の場合でいうと「試験の勉強をするぞ」や「資格の勉強をするぞ」と奮起するものの、頑張ることが苦しいと、だんだん頑張ることを避ける方向に感情、体調が傾いていきます。それが蓄積すると、病気や眠気や「今日はしなくていいや」という気持ちを作り出し、最後には頑張りが続かなくなっています。

なぜ苦しくなるのかというと、目的が明確ではないからだと思います。僕がまさにその通りなのですが、おそらく継続力がない人は、することを何事も勢いやノリで決めてしまっているから、途中で頑張ることが苦しくなり、続かなくなるのではないかと思います。

そのため、継続力をつけるために、なぜそれをやるのかという目的の部分を強く持つことをこれからは大事にしていきたいです。

そして、あと1つ。継続することで得られるメリットとそれをやらないデメリットを書き出して可視化したらいいのかなと思います。可視化することで毎日やらなきゃいけないという気になるのではないでしょうか。それでもどうしても続かないときは人の力を借りたらいいと思います。

 

仲間が後押しをしてくれる

僕はLMCに入会して、LMCには自分が怠けていた時に尻をたたいてくれる仲間がたくさんいて、これが本当に励みになるということを実感しました。その仲間も何かしら頑張っていて、自分もやらなきゃという衝動に駆られますし、仲間の存在は大きいです。人の力を借りて、励みをもとにがんばるということも継続力のポイントではないでしょうか。

LMCの活動で毎日継続して行うものとして新聞要約がありますが、僕は、日本語力と文章力を鍛えることを目的に特に要約に力を入れて毎日頑張りたいと思います。
       
これは、先日LMCでビアガーデンに行ったときに、撮った時の写真です。一緒に写っている方は、木部君がめちゃくちゃ可愛いと言っている子で僕も記念に撮ってもらいましたww