みんなが与えてくれたもの


こんにちは! LMC福岡2015、
西南大の藤丸ひろとです!

先日21歳の誕生日を迎え、
たくさんの方にお祝いをしていただきました。

就活を間近に控える、
本当に大切な1年が始まりました。
何事においても後悔の無いよう、
計画性のある行動を心掛けたいと思います!

LMC福岡2015のメンバーは着実に増え続け、
40名まであと僅かという人数になりました。

毎回の勉強会でもオフィスが
本当に狭く感じるようになり、
組織として活気のある集団になってきました!

 

LMCに入会しての変化

自分自身はというとLMCに入会して、
約5か月が経ちました。

最近、入会前と現在とで変化した部分は
なんだろうと考えることがしばしばあります。

自分の中で一番顕著な変化は、
責任感が生まれたという点です。

入会前の自分を顧みると、
圧倒的に消極的で頼りがいの無い
人間だったなと感じます。

何事においても、自分ではない誰かが
必ずやってくれるだろうと考え、
自ら行動するということは
ほとんどありませんでした。

 

中でも一番の問題点とは

 

そして一番の問題はそのことに対して
悪いという気持ちがなかったことです。

LMCに入会して、部署の仕事や
SPIの担当を任されるようになり、
積極性、そして責任感の重要性を
感じるようなになりました。

自分ひとりが怠惰になると、
組織の運営全体に支障をきたし、
活動が滞ってしまいます。

それだけ一人ひとりに与えられる
仕事や責任が大きい組織だといえます。

それだけプレッシャーや負担が
あるとも言えますが、
自分の場合は楽観的な性格も手伝って、
良い契機だととらえることができました。

最初のうちは、元来の癖が抜けきれず、
仲間に迷惑をかけてしまうことが
多々ありました。

しかし周りの人間が自分のために
動いてくれているのを目の当たりに
しているうちに、

これではいけないと感じるようになり、
徐々に責任感が芽生え始めました。

 

仕事をこなすために意識したこと

 

どうすれば責任を持って仕事を
完遂できるのかと考え、
まず可視化することにしました。

仕事内容と期限を可視化すると、
必然的に優先順位も見えてきます。

さらに頭の中で把握していたころと違って、
情報が整理され、今やるべき仕事
というものが明確になりました。

今ではタスクを書いた
メモ帳を確認するのが日課となり、
それをしないと不安になります。笑

自分の責任感を芽生えさせてくれたのは、
周りのみんなでした。

このように組織で活動をしていると、
周囲から受ける影響は
とても大きいものがあります。

 これからもまわりのみんなと協働して、
たくさんの影響を受けながら、
人間として成長していければと思います。

また、それと同時に自分も周囲に
良い影響を与えられる人間になりたい
と思います。

 

写真は、先日の合宿帰りに
かき氷を買ったときのものです。
暑い夏はこれにかぎります!!