自分が成功する方法を見つけるには


こんにちは!
LMC福岡2015福岡大の渡辺裕二郎です。

きのうから久しぶりの休日なのですが、
あいにくの天気なので
家でゆっくり過ごしています。

いつもは休みが欲しい!
と思っているのですが、
いざ長い休みを迎えてみると、
何か行動したい!と思ってしまうものです。
また明日からバリバリ活動していきたいです。

 

「成功と失敗」についての発見

 

今日は「成功と失敗」という
テーマで書いていきたいと思います。

みなさん日々過ごしていく中で成功と失敗を
繰り返しながら生きていると思います。

これは人それぞれだと思いますが、
どっちが多いかと聞かれたら失敗の方だと
答える人が多いのではないのかと思います。

もちろん僕もその一人です。
なにか失敗するたびに、次こそは成功したい
と思っています。

そんな「成功と失敗」について、
最近自分の中である発見がありました。
それは「成功の形は人それぞれだが、失敗の形はみんな共通している」ということです。

 

では、成功している人の共通点とは

 

みなさん、「成功している人」を
思い浮かべてみてください。
その人は何らかの結果を残している人
だと思います。

自分で会社を立ち上げて成功している人、
スポーツの世界でプロとして成功している人、

例をあげるとキリがないですが、
あらゆるところで「成功」している人がいます。

この人たちに共通していることは
なんだと思いますか?

それは、それぞれが人と違うことをしている
ということです。

経営者の場合だと、
他の会社がやってないことをやるから儲かる。

スポーツ選手の場合だと、
他の選手にない能力や特徴を持っているから強い。

これってその人独自のものですよね。
つまり成功している人って、
独自の方法で成功していることがわかります。

 

一方、失敗する人の共通点とは

 

次は反対に「失敗している人」を
思い浮かべてみてください。

失敗している人って、
大抵同じようなことでつまずいています。

ほとんどのことにあてはまる失敗の原因は、
練習・経験不足、取り組み方、考え方が
間違っている。

などなど、根本的なことが原因で、
なおかつ共通なものが多いです。

 

二者の共通点から伝えたいこととは

 

ここからわかることは、
成功する方法を他の人に教えても
成功するのは難しいということです。

その成功方法はその人独自のものであって、
他の人にぴったりあてはまるとは限りません。

ここで一番伝えたいことは、
「成功方法は自分で見つけなければいけない」
ということです。

人から教わることができるのは、
失敗しないための教訓や、
アドバイスをもらうこと、
悪いところを指摘してもらうことだけです。

それを活用して、
独自でうまくいく方法を見つけ出す必要が
あるのです。

ですから、教える側は、
うまく答えを導き出せるような教え方を
意識しなければいけないですし、

教わる側は安易に答えを求めるのではなく、
自分で答えを出せる方法を学ぼうとする意識が
必要になってきます。

なかなか難しいことだとは思いますが、
実践していけば必ず自分独自の成功法が
見つかるのではないかと思います。

自分も教えるとき、教わるときに
意識していきたいと思います。

写真は先日地元大分の友達が
福岡に遊びに来てくれた時の一枚です!!