インターンで感じた高学歴学生との違いとは!?


こんにちは!LMC福岡2015福岡大学の岸川です。(※西日本シティ銀行、佐賀銀行に内定)
9月に入り、秋を感じるようになってきました。
前回のブログでは、先日参加したインターンシップで「若手社員さんと話して、印象に残った人脈の大切さ」について書きましたが、今回はインターンシップで実感した周りの学生との差について書きます。

 

知識の豊富さ

一番実感したのは、周りの高学歴学生の知識の豊富さです。本当に驚きました。インターン期間中はグループで活動することがほとんどで、グループワークやディスカッションがあり、自分はLMCでディスカッションの練習などをしているのでそこそこ会話に入っていました。やったことがない学位は苦戦していて会話に入っていけない人も多かったです。

しかし、ディスカッションのお題が専門的なものになると何を話していいかわからず、他人の意見に同調してばかりでした。高学歴の学生の独壇場になってしまいました。LMCで知識がなくてもグループディスカッションを戦えるコツを教わっているのですが、まだ自分のものにできておらず大苦戦してしまいました。

 

視野の広さ

高学歴の学生は何でこんなこと知ってるの?と思うような発言を連発します。ほかにも、他のグループの発表を聞いているときに、自分が考えていなかった視点からの意見を聞いたときに、視野の広さというものを感じました。いわゆる新説の発想です。これも物事をあらゆる観点から見れるということです。

周りの知識の豊富な学生をみて思ったのが、知的好奇心が強いということです。一緒のグループにいたある女の子は、なんで?なんで?といった疑問を常に持っているという印象があります。それは常に考えているからだと思いました。自分も、もっといろんなことに関心を持ち、さらに物事について疑問を持ち常に考えるように心がけようと思いました。これもLMC代表の小塚さんから常に言われていることでした。「知的好奇心を持ちなさい」と。

それに加えて、日頃、新聞を読んだりニュースを見たりすることが大事だと思いました。継続は力なりですね!!これもLMCでは新聞要約というワークがあるんですが、「なるほど、こういうことだったのか」と腑に落ちましたw日経新聞は毎日欠かさず読もうと思います。

就活開始まで時間があるので、物事に対してなんで?と常に考えつつ新聞を読んで知識を蓄えることを頑張りたいと思います(^^)