直感力


こんにちは!
LMC東京2015法政大学の野村です。

応援している我が横浜ベイスターズ。
今年見に行った試合は
ことごとく惜しいところで負けるという有様に・・・
5年だか6年だか連続の
最下位からの脱出はできそうですが、
あと少しでいけそうなCSに
あと一歩届かないような感じで悔しいです。
可能性はあるので応援していきたいです。

さて、前回は論理的思考力について書いたので、
今回は同時に大事となると思う
直感力について書こうと思います。

時間こそがビジネスの決め手!

例えば経営者。
経営者ともなれば、
日々直観力を駆使しているといっても
過言ではありません。
部下からの相談にゆっくり論理的に
考えていられないことが多いものだと思います。
迅速な判断をし、
経営方針を決めていかなければならないからです。

その判断について、
論理力は失敗を想定した先回りの解になっているので、
失敗が織り込まれやすい。
しかし、論理力はそのプロセスに時間を必要とします。
調査や資料がなければ論理力は十分に働きません。
その間、時間が費やされます。
ところが時間こそが
ビジネスの勝負の決め手に
なることが多いのも事実です。

直感力は論理的思考力

どこかで直感力による
即断が論理力より優位に立つ地点が存在すると言えます。
その好機を見極めるためにも
日頃から直感力を磨いておかなくてはならないと思います。

直観力と論理的思考力は、
関わり合っているものだと思います。

直観力を身につけるには、
徹底的に論理的に考えることだ、
その訓練を繰り返すことで直観力が身につく、
と提唱している人もいます。

直観力が優れている人のほとんどは、
あらゆることを「あらかじめ」
論理的に考えているだけだ、という主張です。

「あらかじめ」というのがポイントだと思います。
直観が優れている人は、
考える量が普通の人より圧倒的に多いのです。
なので、自身に直観力が足りないと思ったら、
論理的思考力を鍛えていくことで
自然と強化されていくと思います。

このように、直感力と論理的思考力は
切っても切れないとても密接な関係にあると私は思います。
なので上に述べたように、
より一層論理的思考力を鍛えていこうと思いました。

 

先日観戦に行った際の東京ドーム。
東京ドームは実に10年振りぐらいだったと思います。
巨人ファンばかりでアウェー感バリバリでした。