組織マネジメント


こんにちは!
LMC福岡2015、福大の瀬口です。
今日は最近LMCのメンバー内でも話題に上った
組織としてのあり方について書きたいと思います。

 

共有のむずかしさ

わたしは四月にLMCに入会したのですが、
その時はまだメンバーが7名程度で
とても少数の組織でした。
その分打ち解けるのも早く、
とても仲良くなることができたのですが、
活動していくにつれて
徐々にメンバーが 増えていき、
コミュニケーションを密にとるのが
難しくなってきました。

メンバー全員の意識統一、
ビジョンの共有が難しくなってきました。

 

緊急ミーティング

私達はその問題について危機を感じ、
ミーティングを行ったりしたのですが 、
入会したメンバーへのフォローで
手いっぱいになってしまっていて、
最近はなかなかミーティングもできていませんでした。

しかし、一部のメンバーが、
全員での意識統一ができていないことによって
「モチベーションを維持できていない」
ということを指摘してくれたため、
ミーティングを行うことになりました。

実際にミーティングを行ってみると、
現在50名を超えるまで増えた
このLMCが 抱える問題点や不満を出し合ったり、
自分の本音をぶつけあうことができ、
とても有意義で貴重な時間を過ごすことができました。

遊びも勉強もガチな
LMCならではのぶつかり合いというか、
ミーティングが できたのだと思いました。

 

本音で語る大切さ

やはり、組織として動いていく以上
何らかの不満は溜まっていくものです。
お互いが本音を話し合えれば
些細なことに気づくことができ、
組織としてのレベルも
どんどん上がるのではないでしょうか。

レベルの高い組織に所属していれば
個々人のモチベーションやスキルも上がっていき
切磋琢磨しながら成長することができるのです。

LMCが今まで以上に良い組織になれるよう
メンバー全員が一丸となって活動していきます。

就活本番まであと100日余り、、
うまくメリハリをつけれる
組織になれるよう努力していきます!

写真は、先日食べたもつ鍋です。
鍋が美味しい季節になってきましたね( ´ ▽ ` )ノ

 

読んでいただき、ありがとうございました。