責任感について


こんにちは。
LMC福岡2015、福大の副島です。
学校が始まり一週間がたち
やっと感覚を掴んできたという感じです(笑)
(ブログを書いたのが9月21日)

毎日楽しくがんばりたいと思います。
今日は責任感について書きたいと思います。

 

アルバイトリーダーで感じたこと

僕は飲食店でアルバイトリーダーを任されています。
よって当然、他のアルバイトの人達よりも
責任があります。

特に売上を落とさないように、
お客様の口コミに関しては気を使っています。

お客様にいい印象を持ってもらえるように、
例えば作り手としては見た目から美しくなるような
トッピングの盛り付けをしたり、
接客面では表情を明るくお客様にとって
気持ちのいい接客を心がけてます。

もちろん、これらは自分一人ではできないし
他の従業員にも働きかけて
全員で取り組まなければなりません。

そして、全員のモチベーションをあげるために
積極的なコミュニケ―ションもとらないといけないし
従業員の中に問題児がいると
適切な指導をして改善しなければならないという
責任があります。

このようにLMCに入る前は
アルバイトリーダーの責任だけでも
大変と思っていました。
しかし、LMCに入り
社会人の話を聞く機会が増え、
社会に出たらもっと責任が問われることが
多いとのことを何回も聞いたので
根をあげていられないなと思いました。

 

責任感のとらえ方の変化

LMCに来てくれる社会人の先輩は、
人間の成長に一番必要なものが
「責任感」であり、
責任を負えば負うほど
人は前に進めるから責任を持つ
ということをプラスに考えたらいいと
おっしゃっていました。
確かに任されるということは、
信頼があってからこそであるため、
プラスに考えて、
もっと何事にも積極的にいかなければと思いました。

LMCの活動では、
特に最近できていない集客で
積極的になりたいです。
そして、もっともっと信頼を得て
自分に任せれば
みんな安心できるというくらいの
気持ちでがんばりたいと思います。

 

これは、フィールドワークで
心霊スポット目的で熊本に行った時の写真です。
プレゼンが楽しみです。