Open the door!!


こんにちは!!
LMC福岡2015 西南大の木原由貴です。
最近少しずつLMCに馴染めて
きているのではないかと思います。

ではなぜ、人見知りの私が
こんな短期間でLMCに馴染めてきているのか、
今回は私の体験を含め、
そのことについてお話したいと思います(゚∀゚*)

 

”いい子”として接してしまう人見知りな性格

冒頭に書いたように、私は人見知りで、
初対面の人にはいわゆる
“良い子ちゃん”な姿で接することがとても多く
場合によってはいつまで経っても
その姿でいることもあります。

そんな私ですから、
LMCの活動に初めて参加する日も
当然緊張と不安でいっぱいでして。

※以下、メ=メンバー
①私「初めましてー…」
②メ「あ、初めまして、新人さん?」
③私「あ、そうです、木原と申します…」
④メ「木原さんね、よろしく!」
⑤私「よろしくお願いします!!」

という流れを
前日から何度も何度も頭の中で
シミュレーションしていました。
そしていざその時!
迎えにきてくれた友達が、
オフィスのドアを開け、  

友「木原来たよー」

よし、まずは挨拶や!!
私「こんにちはー…」
メ『え、木原っぴーや!?』
※私のあだ名です。

……………….!?

えええええ!?いきなり!?
いきなり、ぴーやなの!?②~⑤は!?(゜д゜;)

そうです。
メンバーの皆は、初っ端から、
ひょんなことから流れ出た
木原っぴーやというあだ名で呼ぶのです。

それはもう、
おそるおそるドアを開けようとしていたら
向こうから思いっきり開けられたような衝撃で。
“良い子ちゃん”になるための
壁をつくる暇すらくれませんでした。

 

オープンマインドな人たち

この日、出会っていきなり自分が心を開けたこと
そして心を開かせてくれる人が
LMCにはたくさんいることに驚き、
圧倒されました。

さらに、心を開くと、
今度は本音が出てくるようになりました。
LMCでは、この本音を
共有し合い、考え、行動することが
成長のツールの一つとなっているのでは、
と思います。

この経験から私は、
心を開くことからつながる成長や、
本音を話し合える人がいることの大切さを
痛感しているところです。
そして、これからは積極的に
自分から心を開いていくこと、
相手の心を開くことが
出来るようになることを
目標に頑張りたいと思います。

写真は、新規メンバー歓迎会を
開いてくれた時の写真です。
とっても楽しかった!!(*^.^*)