プレゼンをして気づいたこと


こんにちは!
LMC福岡2015、福岡大の木部です!
とうとう後期が始まりました。(笑)
早起きがきつい毎日を送っています。  

 先日、2015向けセミナーのときに
プレゼンを作って発表する機会がありました。

今回は、そのプレゼンを作って発表した時に、
改めて気づいた自分の欠点について
感じたことを書いてみようと思います。

 

改めて気づいた自分の欠点

まず、プレゼンを作っていくうえで、
どういう目的、意図で
セミナー参加者に 伝えるのかを
考えてプレゼンを作りました。

作っていく中で、途中まではうまく作れてたのですが、
最後のまとめがどうもしっくりきませんでした。
途中の流れと最後のまとめが
論理的に作れていないことが 原因でした。

 

必要なのは論理的思考力

最後は何とか強引に(笑)
終わらせることができましたが

やはり、ここでも論理的に考える力が
必要だなと 思いました。

発表では、とにかく緊張しました。(笑)
相手の目を見て、相手に伝わるような
プレゼンをしようと 思いました。

 

振り返って分かった先輩との違い

プレゼンが終わってメンバーに録画してもらった映像を見て、
身振り・手振りが少ない、声に抑揚がない、
顔の表情もあまり変わらない

といった様々な問題が出てきました。
それに比べて、和枝さんは、
身振り・手振りもたくさんあったし、

声にもメリハリがあり、顔の表情も明るく、
とにかくメッセージ性 が
すごく伝わってくるようなプレゼンでした。

やはり、自分はまだまだだと実感しました。
企業で働くうえで、プレゼンは必要な能力なので、
もっと伸ばしていこうと思いました!

 

LMCという場で!

自分の伝えたいことが伝わったかは、分かりませんが、
人の前に立って、プレゼンをする機会はあまりないので、
とてもいい経験ができました。
もし、今度もう1回する機会があれば、
今回の反省を 踏まえて挑みたいと思います!!!

あまりこのような機会はないので、
やはりLMCは自分を変えるための絶好の場所だなと思いました。

写真はプレゼンのときの写真です!