skip to Main Content

【17×18卒西南大の先輩後輩インタビュー】憧れの先輩のようになりたくてLMCに入会しました。

はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。

就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

対談2

西南学院大学、商学部経営学科の高田夏来さん(左側)

西南学院大学、経済学部国際経済学科の花木りなさん(右側)

今回は彼女の紹介者である17卒西南学院大学の文学部英文学科の中西桃さん(中央)も交えて座談会を行いました。

入会のきっかけ

 対談3

――皆さん西南大ですが、元々はどういう関係だったんですか?

中西:りなとは西南の浴衣DAYというイベントで出会いました。その浴衣コンテストに2人とも出場してたんだけど、偶然2人の準備の終わるタイミングが一緒で、色々話してたらすごい気合うなって。そこから何回かご飯行くようになって・・・。本当に偶然。
花木:最初お互い同級生って思ってたんですよね笑。
中西:そうそう!笑
中西:なつきは元々サークルの後輩で、なつきの方から声をかけてくれました。「桃さんってLMC入ってますよね?」って。
高田:2個上のサークルの先輩もはいっていたので、LMCの話はよく耳にしていて気になっていました!
中西:声かけてきてくれて、「お〜!」って思いました。そこからイベント来てくれて入ったって感じだよね。

――2人のどういうところがLMCっぽいなって思ったんですか?

中西:りなは話せば話すほど自分とものすごく似てるからLMC合うだろうなと思ったのと、働くことにすごく前向きだしすごく素直だし熱いなって思ったから。こういう子が入会第一号になってほしいなって思いました。
なつきはなつきから声かけてくれたっていうのもあるけど、自分の将来に向き合おうとしている姿勢がすごくあったし、前のめり感があったからです。
――では花木さんと高田さんは、中西さんから声かけてもらってどう思いました?
花木:桃さんは自分の周りの3年生よりも就活に対して積極的に取り組んでいて、桃さんと話していると、自分もどんどん積極的に行動していかないとダメだなって思いました。
それがきっかけで就活についても真剣に考え始めてアナウンススクールに通いました。
それから桃さんにまた11月くらいに会った時には、夏頃の桃さんと秋頃の桃さんが全然違ったんです。自信に満ち溢れてたんですよね。それで私もこんな風になりたいなって思ったから、LMCのイベントへ行ってすぐ入りました。
――イベント行ってみて、すぐLMCいいなってなりましたか?
花木:とりあえず何かやらなきゃ!」っていう思いが強かったのと、先輩達が楽しそうだったからとりあえず入ろうって思って入りました。

――なるほど。勢いが入会第一号って感じがしますね

うんうん笑

――高田さんは自分から中西さんに聞いたってことでしたがどうでしたか?

高田:私は就活に対して漠然とした不安みたいなのがあって、「どうしよう〜」って思ってた時にLMCのイベントに行きました。
イベントでは自分と同じ代の人たちがすでに行動を起こしていることを知ってすごく焦りました。
その時見たLMCの活動の動画がすごく楽しそうだったのと、桃さんや他の先輩達がLMCについて熱く話しているのを聞いて、いいなと思いました。
今機会逃したらもうないなぁと、思い切って入会しました。
――入会したあともそういうギャップとかはありませんでしたか?
花木:ギャップはそんなにありませんでした。とりあえずやんなきゃなぁって思いました笑。

――楽しいって感じでしたか?

花木:はい!

入会後の変化

対談

――では2人が入会して、中西さんから見て変わったところや、2人の活動見てどう思いましたか?

中西:LMCって人数多いから入ってもどう頑張ればいいのかわからなくなることや埋もれてしまうこともあると思うんです。でも2人は前のめりなまま頑張り続けて、頑張っているメンバーとしてみんなが認識する存在になっているなと思います。
本当に嬉しかったし入ってくれてよかったなぁと思います。

――LMCにとって2人の役割って大きいとおもいますか?

中西:大きいです!先頭に立って旗を振る人たちだし、自分からチャンスを掴みにいこうと行動するし、負けたくないって思いも強い2人なので組織にいい刺激を与えていると思います!

――LMCってどのような力が身につくと思いますか?

中西:1番は当事者意識だと思います。LMCって組織のことについて考えることが多いから、「どうやったらもっと良い組織になるんだろう」とたくさん考えます。そういうふうに目線を上げて考えることは大手にはいっても、ベンチャーにはいっても大事なことだと思います。

――ありがとうございます。次は花木さんと高田さんに質問です。LMCやプライベートなどで、2人にとって中西さんってどういう存在ですか?

花木:桃さんは、LMCでは追い越したいと思うライバルで、プライベートでは考え方が本当に似てるので、良い相談相手だと思っています!
桃さんはもうLMCを卒業なので、これから社会人になって頑張って越せるように私も今の活動頑張って行きたいなって思います。
高田:桃さんは文化祭の時のサークルの出店での呼び込みが印象的でした。「いらっしゃいませ〜!」って大きな声で呼び込みをする姿は天真爛漫で明るいイメージだったんですけど、LMCで見る桃さんは「すごいちゃんと考えてるんだなぁ」って感じで。
いつも自分の意見を言いますし、その意見も説得力があ
ります。プレゼンとか人の前に立って話すのも堂々としているからすごく憧れます。

――お2人にとって中西さんって憧れの先輩なんですね。お2人もそうなるためにLMCって頑張れる環境だなって実感できますか?

花木:できます。私は管理系とかそういう細かい作業は苦手だから、どういう部分で人に勝てるかって考えたら、イベントとかで前に出たりとかそういうところなんじゃないかって思いました。桃さんからそういう事も聞いて、率先して前に出ようかなって思いました。
高田:学校だったら面倒くさいことから逃げたりする友達とか多いけど、LMCだったら自分から仕事をもらいにいかないと仕事がなかったりするので、とりあえずやるっていうのを、やらなきゃっていうのを思うようになりました。

お互いへのメッセージ

対談4対談5

――ではあと少しで就活が始まるお2人に中西さんからメッセージはありますか?

中西:LMCで今まで活動してきて自分の弱みと強みが見えてきているのではないかなと思います。とにかく自分の強みの部分を磨いてほしい!!あと一番大切にしてほしいのが会社の大きさとかネームバリューとかではなく、自分が楽しく働けるかどうだと思います!そういうのを見失わないで後悔のない就活をしてほしいです!

――ありがとうございます。ではお2人はこれから、社会人になる中西さんに一言お願いします。

高田:みんなの憧れの桃さんなので、LMCよりもっと大変な環境かもしれないけど桃さんらしく、ずっといてほしいです。頑張ってほしいです。
花木:桃さんらしく突っ走っていってほしいです!社会人なったら大変なことたくさんあるんだろうなって思うけど桃さんなら絶対乗り越えられると思うので、頑張ってください。
中西:ありがとうございます。頑張ります!

――今日はありがとうございました。それではここでインタビューを終わります。ありがとうございました。

同:ありがとうございました。

Back To Top