skip to Main Content

【東京19卒:慶應義塾大学】現状に危機感を持ち、伝える力を磨くため入会しました。

はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。
就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

19卒慶應義塾大学商学部3年の田淵美帆(写真右)と、
彼女に声をかけた、東京都市大学3年の奥村真帆(写真左)のお二人にインタビューしました。

入会のきっかけ

――まずは簡単な自己紹介をお願いします。

田淵:慶應義塾大学商学部3年の田淵美帆です。

奥村:東京都市大学3年の奥村真帆です。

――お二人の関係性について教えてください。

田淵:中学と高校が同じで、卒業後も仲良くて度々遊んでいました。

――奥村さんが田淵さんに声をかけようと思った理由を教えてください。

奥村:新しいこと好き、楽しいこと好きな美帆ならLMCのキラキラな雰囲気がすごく合うなと思って誘いました。

――誘われた時はどう思いましたか?

田淵:ちょうど誘われた時期が、就活について考え始めた時で、何をしていいかわからなくて悩んでいたので、とりあえず行ってみようと思いました。

――Leapイベント参加した時の印象を教えてください。

田淵:社長の話を聞いて焦ってしまって、とにかく何かしなきゃって気持ちでしたね。
あとは先輩の話がとてもわかりやすいってことに感動しました。
何かを伝えたい時に、自分は何で上手く伝えられないかの理由が来て分かりました。
根本的にロジカルな人の考え方と自分の考え方が違うんだなと気づきました。

――入会の決め手を教えてください。

田淵:最初に学歴だけじゃダメってことを思い知らされてやばいってなって、誰かと一緒に頑張れる環境なら頑張れるって思ったし、今入会しなかったら後悔するなって思ったからです。

――入会したらこんなことをしたいなどは考えていましたか?

田淵:みんな自分の色がはっきりしてるから、自分の色を出して存在感を出したいと考えていました。

入会後の変化

――入会後の率直な感想を教えてください。

田淵:やらなきゃいけないことが多くて、すごく大変だなって感じます。
必死について行こうとしてるんですけど、周りを見ていて自分から動かないといけないなと感じるので、そこも課題ですね。

――同期の印象を教えてください。

田淵:本当にいろんなタイプの人がいて、プチ社会だなって感じました。
それにちゃんとお互いを理解していくうちに皆んなどこかしら共通点があるんだなとも感じました。

――田淵さんがLMCに入会して変わったと思う部分はありますか?

奥村:美帆は元々あまり先まで考えたりせずに、その場その場でうまくやりくりするタイプなんだけど、最近はすごく自分からいろんなことを考えてアクションを起こしに行こうとしてる感じがする。

田淵:LMCでいろんな人に出会って、改めて自分の欠点とかが見えてきました。
みんな違ってみんないいじゃんってもともと思ってたけど、でも他の人のいいところを見習って身につけていかなきゃいけないんだなって感じてます。

今後の目標

――田淵さんの今後の目標を教えてください。

田淵:自分の中での課題として、ロジカルに物事を考えられなくて話がわかりにくいという課題があったので、活動を通して論理的に考えられるようになって、伝える力をもっと身に付けたいと思ってます。

――挑戦したいことはありますか。

田淵:感情が入ると熱中するタイプなんですけど自分がどんな時にそのスイッチが入るのかを理解して応用すれば、もっといろんなことをできるようになると思うので、集客や大きなイベントなどでその熱量を最大限発揮できるようにしたいです。

――18の先輩方が卒業したらどんなLMCにしていきたいですか?

田淵:みんなが自分の熱量を最大限発揮できるようなコミュニティーにしたいです。
18卒先輩方もすごいパッションのある方だと感じて憧れているので、自分もそんな存在になってLMCの雰囲気を作っていけるようになりたいです。

お互いへのメッセージ

――最後にメッセージをお願いします。

奥村:美帆は基本ふわふわしてるタイプだったけど、現状に危機感をイベントで感じたから入ってきたと思うんですよ。
その中でちゃんと毎日自分に足りないことを分析して、自分の中のいいところも悪いところも気付いてるって感じます。
そういうたくさんの気づきを通じて、マルチタスクができる人に一緒になって、一緒にLMCを盛り上げて行きたい!

田淵:真帆ちゃんはバリバリガツガツ頑張って行くタイプで本当にすごいと思うから、自分はそういう人達の強みを活かせるようにサポートしながら常に全体を見れるような存在になりたい!
私も真帆ちゃんたちに負けずに頑張っていこうと思う!

――ありがとうございました。

同:ありがとうございました。

Back To Top