湯浅麻里さん
湯浅麻里さん
出身大学 青山学院大学
LMCに入った理由はなんですか?

ソフトバンクのESが書けなかったことが大きなきっかけでした。そんな中でも、先輩・友達は忙しく、真面目に話しを聞いてくれない現状にどんどん焦りました。相談する場所もなく、どうしようと思っていた時にインターンで知り合った人にLMCに誘われたんですよね。LMCだと就活する仲間も手に入るし、講師の先生も話をしっかり聞いてくれるということでLMCに即決しました。いいところに内定しないと今後の一生に大きくかかわるので、投資は惜しみませんでしたね。

LMCで印象に残っている、または頑張ったことを教えてください。

夜な夜な小塚さんとスカイプをしていたことを、今でも思い出します。面接練習だけではなく、就活の悩みや雑談もよくしてもらっていましたね。私たちの時代は就職氷河期で、とにかく誰かと話ていないと内定するのか不安でした。ほぼ毎日報告とフィードバックがてらにスカイプし、雑談をしつつ自分の頭を整理していましたね。

現在のLMCとの関わりを教えてください。

忘年会などのイベントに参加しています。同期とも連絡を取っていますね。小塚さんとは仕事で悩んだら連絡をしてアドバイスをもらっています。前に進めなくなった時、福岡の勉強会に遊びに行ったりすることもありました。休日にメンバーと関わることで初心を思い出したり、メンバーに仕事のことを教えていくことで、頭の中を整理していくということもありますね。

湯浅麻里さん
現在どのようなお仕事をされていますか?

証券会社でリテール営業をしています。

今の仕事で苦労していることは何ですか?またそれを乗り越えた経験はありますか?

まだ克服できていないのですが、上司に個人のことだけではなく、支店・課のことも考えろと言われるようになりました。でも、日常の業務にアップアップの中でまだまだ支店・課のことまで考えられないのが現状ですね。LMCの頃に「やるべきことを可視化し、優先順位を付けてやれば、仕事が早く終わる」と指導されていたのですが、就活ばかりやっていて身についていなかったので、これから身につけて、支店・課全体のことまで考えられるようになりたいです。

LMCの活動で現在の仕事に生かされていることはありますか?

LMCでは「とりあえず前に進む、やってみる。泣いても前に進む力」を学びました。就職活動を投げ出さずにやったことから学びましたね。一人でやってたら絶対に投げだしていたし、妥協していました。でも就活中、挫けそうなときに小塚さんから取捨選択能力がないと指摘され、取捨選択をして一つ一つ「とりあえずやってみよう!」と行動する中で、少しずつ成果が出てきて自信がついてきました。そこから自分の考え方の癖を意識して、情報を整理した上で「とりあえずやってみよう!」を意識して仕事をしていったところ、全国一位の営業成績を収めることができました。

今の仕事のやりがいは何ですか?

成長が早いことです。理由は相場の動きが早いので計画・実行・反省・再計画をいかに早くするかや、求められるものも尋常じゃなく高いことがあげられます。そんな中で成功からも失敗からもいろんなことを吸収し、成長できた時の喜びは非常に大きいです。動きが早い業界であるために結果が目に見えるのが早いのも一つのやりがいです。 様々なことを考え続け、少しずつ改善・行動したこと大きな成果につながった時がうれしいですね。